【スポンサードリンク】

IMG_1535[1507]




働く女性が多い現代社会では、晩婚化がとても進んでいます。

晩婚化とは切っても切れない問題が、少子化問題であることは周知の事実だと思われます。

実際、子供が欲しくて妊活中だけどなかなか授かれない、というようなお悩みはみなさんが思っている以上に多くなっているのです。

デリケートな問題だから他人に言えないことも多く、辛い日々を送っている方も多くいらっしゃいます。

不妊治療に興味があるけど…という方のためにも、今日は不妊治療とは何をするのか、を解説していきたいと思います。


不妊治療を始める前に


最近では子どもを望んでいる方が多く、「妊活」という言葉を耳にすることがあるかもしれません。

でも、「妊活」って実際何をするのかあまり想像がつきませんよね。

なかなか子どもが授かれない…そういう状態に陥った場合、まず行うのがいわゆる妊活です。

体質の改善を目指し、妊娠しやすい身体作りをするのです。妊活のためにクリニックに通う方もたくさんおられます。まだこの段階では具体的な治療は行いません。

時が経ってもなかなか妊娠できない、となった場合に行うのが検査です。

なぜ妊娠しなかったのかをお医者さんと一緒に考えていきます。

ここでようやく不妊治療が始まります。


【スポンサードリンク】



一般的な不妊治療では何をする?


IMG_1537[1509]

不妊治療と一言に言っても何をするかはそれぞれのご夫婦に合わせた治療法があります。

検査を行い、それぞれの問題点を治療していくわけですので個々にあったものになるのは当然ですね。

ですのでこの記事では一般的に行われるものをピックアップして紹介していきます。

まずは、タイミングを合わせるタイミング療法です。

自宅で行う基礎体温から考えるタイミングよりも精密で、超音波などでホルモンについて詳しく調べた状態で性交渉のタイミングをはかります。

また、排卵誘発剤を使用して排卵しやすくした状態にして、なおかつタイミングを合わせる方法をとる医院もあります。

タイミングをあわせることで、自然と妊娠できるかどうか1年ほど根気よく試す必要があります。

次のステップは、人工授精です。

先ほどのタイミング療法で調べたタイミングにあわせ、人工的に受精を行います。

不妊の検査を行った結果、タイミングではどうにもならないことが分かった場合はいきなり人工授精を選択する場合もあります。

タイミング療法と同じで、根気よく続ける必要があります。

次に、人工授精を繰り返してもご縁がなかった場合はARTという大掛かりな手術に移ります。

ARTの代表的なものとしては、体外受精がありますね。

すべてのARTにおいて言えることですが、とても女性の身体に負担がかかるものばかりで、どれも決して簡単なものではありません。

また、費用も高額で何度もできるかと言われたら難しいものがあります。

具体的に、体外受精は女性の卵子を1度取り出し、体外で強制的に精子と出会わせます。

そこで胚となるまで培養し、また子宮に卵子を戻すのです。

子宮が良好な状態でないと順調に育てるのは難しいですが、成功率は他の不妊治療に比べて高く25%近くあります。

その他のARTは、顕微受精や胚凍結法など病院によって取り扱いがさまざまです。

どれも、高額で高度な手術となっており、現代の不妊治療の最終手段と考えられています。

以上のステップが、不妊治療の一般的な流れだと言えます。

妊活中の方におすすめの発酵ザクロドリンク



まとめ


IMG_1536[1508]

いかがでしたか?

文字で見ている以上に不妊治療とは辛く長い戦いでもあるのです。

赤ちゃんを授かるということはとても成功率が低く、奇跡的なことなのです。

期間もお金もかかりますし、なにより精神的な面でとても削られてしまいます。

周りに不妊で悩む方がいれば、ぜひ暖かい言葉をかけてあげてください。

また、不妊に悩める女性のみなさんが子宝に恵まれることを、心からお祈りしています!

【スポンサードリンク】