IMG_1105[1346]
【スポンサードリンク】


二日酔いのみなさんこんにちは!

人生の大半をアルコールに注ぎ込み、かけがえのない時間をいっぱい無駄にしてきた管理人AKIRAです。

お酒はうまく利用すれば、その場を楽しくさせてくれるいいヤツです。

しかし、アル中(アルコール依存性)になってしまうと量のコントロールが効かず、記憶がなくなるまで飲んでしまいます。

これを〝ブラックアウト〟と言います。

勿論、次の日は二日酔いになり一日中気分が悪く不快ですね。

アルコール依存性は不治の病であり、また自分はそうじゃないと認めない病気だと言われています。

それは線引きが曖昧だからです。どこからが病気で、どこまではセーフかと。

よくイメージされるのは、お酒が無いと手が震えて「酒くれぇ〜」って言ってる状態ですね。

これは連続飲酒といって、起きている間ずっとアルコール摂取してしまいます。

ここまで来ると即入院レベルですが、そうじゃない人は自分がアル中だと実感がありません。

僕は専門家ではありませんが、アルコール依存性だけの特徴ってあります。

以下の症状ならアルコール依存性でしょう。

・ほぼ毎回、記憶が無くなるまでお酒を飲んでしまう

・お腹が空いていても食べ物よりアルコールを優先的にの飲む

・すぐ酔わなくなり、以前よりお酒の量が増えた

・二日酔いでも飲んでしまい、健康を害してるのを実感しているにもかかわらずお酒を飲む

・お酒を飲むと人格が変わり、他人に迷惑かける

いろいろ挙げるとキリがないですが、上記で述べた人は既に立派なアルコール依存性、もしくは予備軍でしょう。

アル中を治す方法は、お酒をやめるしかありません。

末期症状になれば、なかなか元の健康な状態に治すのは困難であり時間がかかります。

なので、できるだけ早く自分自身がアルコール依存性であることを自覚し行動することが重要なんです。

今回は、アル中である僕がお酒をやめる方法と、禁酒によって得られる心身の変化について語ろうと思います。

あくまで個人的な意見なので参考までにしてください。


まずは自覚し、専門医に相談しよう


アルコール依存性はよく「否認の病」と呼ばれています。

自分がアルコール依存性と認めてしまうと、もう酒を飲めなくなるという恐怖感や、世間体を気にしてしまうからです。

酒を飲めなくなれば、今までストレス発散で飲んでいたのが、一転して心の安定が保てなくなるという脅えが根底にあります。

「自分は大丈夫、アルコール依存性じゃない」

こう思っている限りは治療どころか、なにも進展しません。だからまずは専門医に相談して、自分自身がアルコール依存性だと自覚することが大事です。

僕自身、アルコール専門医に相談して「あなたはアルコール依存性です。」と診断されても認めませんでした。

認めないというより〝認めたくない〟この表現が正しいかもしれません。

しかし、自分自身を振り返り完全にアルコール依存性だと自覚したことにより進むべき方向が見えてくるのです。

なので、まずは度専門医に相談して自分は病気なんだと自覚し禁酒へのプロセスを踏むことが重要です。


お酒をやめる方法


IMG_1106[1349]

周囲に公表する


僕の経験上、家族や友人に自分がアルコール依存性という事をカミングアウトすることに躊躇しました。

その理由は、自分は病気で周りから偏見の眼差しで見られるのが嫌だったからです。

やっぱり人間って健康で毎日充実した生活を送ってるイメージを持たれたいじゃないですか。

だから、お酒の席で飲み過ぎても「お酒が大好きで飲み過ぎただけ」と毎回言い訳してましたね。

あとは、アルコール依存性だとカミングアウトすると一生お酒を飲めなくなるのが辛かったこと。

そう思っている時点でアウトですけどね(笑)

アルコール依存性は自分一人で治すのは、なかなか困難だと感じます。

家族や友人に自分の現状を素直に告白し、理解、協力してもらうほうが良いと思います。


誰かにお金の管理をしてもらう


アルコール依存性になると毎日大量のお酒を飲んでしまいます。

となると当然お金も必要ですよね?

僕の場合、独り身なのでスナックやキャバクラなどに通っていました。

手持ちのお金が無い時は、キャッシングカードを利用して泥酔するまで飲んでいました。

当然月々の支払いも多額なので、シラフの時は後悔の連続、、、

お酒を飲むにはお金がかかります。なので、逆に言うとお金を持たないという理論です。

家族や信頼できる友人などに管理してもらうのも一つの方法です。

お金が無いとお酒も買えないので強制的に飲めなくなります。

【スポンサードリンク】


断酒会(自助グループ)に参加する


これが一番いい方法だと思います。

そう断酒会に参加することです。自助グループとも言いますかね。

この前初めて地元の断酒会に参加してきました。

みなさん、自分の過去の経験や体験談を語り合いアルコール依存性と戦っています。

苦しんでいるのは自分だけじゃないんだと実感でき、先輩方の話を聞くことで今後自分はどうしたらいいかとても参考になります。

お酒で家族も仕事も失った人。ずっと入院を余儀なくされてる人。環境は様々です。

もし一人でアルコール依存性に悩んでいるなら、一度断酒会に参加することをおすすめします。


すごく参考になった本↓



禁酒によって得られる心身の変化


IMG_1107[1348]

次に、お酒をやめた事によって得られた心身の変化を以下で述べてみたいと思います。

憂鬱(うつ)な気分にならなくなった


お酒を飲み始めた時は、次の日はちょっと二日酔いになる程度でしたが、量が増えるにつれて憂鬱な気分になるようになりました。

特に大量に飲める週末の土曜日には次の日は休みなのでガバガバ。

すると日曜日は起きた時からすごく憂鬱になりました。

ヒドいときは「死にたい」とまで思うようになっていきました。

初めは、この症状はお酒のせいだとは思いませんでしたが、禁酒することによって憂鬱な気分は無くなりました。

専門家ではありませんが鬱(うつ)とアルコール依存性は密接な関係があるとの調査結果があると言います。

お酒を飲むことで脳内のドーパミン(快楽物質)が大量に増えます。

しかし、今度は逆にその快楽物質を抑えようとする力が働きます。

これがいわゆる落ち込む気分のメカニズムだそうです。

お酒を断つことによって、精神的に安定し毎日が楽しく過ごせるようになりました。

このまま禁酒しなかったら、きっと自殺していたでしょう。


体調が良く、ごはんが美味しい


禁酒すると当然体調もよくなります。

身体のキレもよく動くことができるのでお腹も空きやすく食事が美味しく感じます。

毎日お酒を飲んでいた時は、二日酔いで気分が悪く下痢、嘔吐、頭痛が日常茶飯事。

食欲なんてあったもんじゃないです。

禁酒すると食欲も自然と沸いてくるので毎日元気に過ごせます。

今までアルコールを摂取するためだけだった飲食店も食べる目的に変わり、お腹も精神的にも満足します。


生きる気力が湧いてくる


あるあるかもしれませんが、アルコール依存性に陥る人って少し精神的に弱い方が多いような気がします。

落ち込んだ自分を紛らわすためにお酒の飲み、次第に量も増えていくかと。

でも、お酒のチカラって一時だけなんですよね。

お酒のチカラを借りても、最終的には自分自身で問題を解決するしかないのです。

上記でも申し上げましたが、お酒を飲まないほうがポジティブになれます。

お酒は一時的なポジティブ→次第にネガティブです。

禁酒すると「死にたい」という気持ち無くなり、生きる気力が湧いてきます。

たとえ困難な状況にあったとしても

「よし、頑張ろう!」

こう考えられるようになります。


まとめ


IMG_1104[1347]

あくまで個人的な意見ですが、僕なりの体験談をお話させていただきました。

毎日飲むことが当たり前だった僕が今感じることは

お酒はメリットよりデメリットのほうが多い

人生にお酒はべつに必要がない

一度の人生、お酒のせいでダメにしたくない

です。

どうしてもお酒が辞められない人は断酒会やアルコール専門医に相談することをおすすめします。

あなたの一度きりの人生、お酒なんかでダメにしないでください。

毎日が楽しく過ごせるように心から祈っております^_^

【スポンサードリンク】