【スポンサードリンク】

1年でもっとも寒さがきびしい2月は、膀胱炎や尿もれ、痔などの悩みが増える時期です。

人には聞けないし、でも悪化してしまうのも困る…

そんな女性のために、膀胱炎や尿もれ、痔のトラブルについて詳しく説明し、改善策をご紹介します!



①膀胱炎


IMG_2274 [432966]

まず尿トラブルの悩みで一番多いのが膀胱炎ですが、少し勘違いをしてらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

尿を我慢すると膀胱炎になると思っている人が多いですが、逆にトイレの行きすぎが原因になることもあります。

代表的な膀胱炎の「急性細菌性膀胱炎」は、大腸菌などの病原菌が尿道に侵入して膀胱内で繁殖し、排尿時の痛みや残尿感、頻尿などの症状を起こします。

女性は尿道と肛門の位置が近く、排尿後に外陰部の拭くとき肛門付近にいる大腸菌が尿道に侵入しやすくなります。

免疫力が正常な時は菌を廃除できますが、風邪や感染症をおこしやすい冬に発症しやすいです。


膀胱炎の改善策は?


症状が発覚したら、無理をせず体をしっかり温め、水をよく飲み排尿で菌を排出しましょう。

また病院を受診して、抗菌薬を服用すれば5日ほどで改善します。

抗菌薬を飲みきる頃には膀胱内の菌はいなくなっているので、頻繁に排尿する必要はありません。

排尿回数が1日3〜7回で収まるようにすることが予防になります。また、膀胱の粘膜はまだ荒れているのでカフェインやアルコールなどの刺激物は控えましょう。

膀胱の粘膜を刺激する食品を避けるだけでも症状はかなり改善します。

カフェインやアルコールは絶対NGで、お茶はハーブティーがおすすめです。柑橘類や酸味が強い食品も避けましょう。

豆類やチョコレート、乳製品も人によっては痛みの原因となるので気をつけましょう。


②尿もれ


IMG_5296 [432967]

もう一つ代表的な尿トラブルに尿もれがあります。

特に冬は急に尿意を覚え、我慢できなくなる「過活動膀胱」に悩む人が多いです。

冷えによる刺激で膀胱に異常収縮が起き、突然尿意に襲われます。その結果、頻尿となり我慢できずにモレてしまう人も…

脳血管障害などの神経の病気とともに、妊娠、出産時に骨盤底筋やその付近のじん帯が損傷を受けたことも原因の1つにあります。

骨盤底筋とは体幹部の下部にあり、膀胱や子宮をはじめ内蔵全体を支えるインナーマッスルのことです。

妊娠中に負荷がかかり、出産により膣が大きくのびて骨盤底筋がダメージを受けると膀胱の機能にも影響を及ぼしてしまいます。

【スポンサードリンク】


尿もれの改善策は?


尿もれの改善には骨盤底筋トレーニングがおすすめです。

骨盤底筋トレーニングとは

①肛門を締める(おならを止める感じ)

②膣を締める(おしっこを途中で止める感じ)

③骨盤底筋を中に引きこむ

①〜③を各5回、「締める」「緩める」をテンポよく繰り返し、次はギュッと締めた状態で3秒間キープし、パッと緩めるを5回繰り返します。これを1日3〜5回行いましょう。

おなかに圧力がかかると、骨盤底筋に負担がかかります。日頃から床の荷物を持つ時は、骨盤底筋をギュッと締める意識をしましょう。

そり腰や猫背も骨盤底筋に負担をかけますので注意を。トイレでいきむ時は体を前に傾けたほうが骨盤底筋にかかる圧力は逃すことができます。

冬場は飲水を1リットル以内に抑え、膀胱炎と同じく排尿回数が1日3〜7回になるようにコントロールしましょう。

急に尿意を感じたときは、肛門付近の筋肉を締めて膀胱の異常収縮を抑え、最初の大きな尿意を逃してからゆっくりトイレに行きましょう。


③痔


IMG_0864 [432968]

最後は多くの人が悩んでいる痔。

おしりが冷えて血行が悪くなると、肛門付近の血管がうっ血し、痔ができやすくなるのです。

冬の寒さに加え、痔の原因となるのは便秘。排便のいきみで肛門に負担がかかり痔になりやすくなります。

最近はトイレにスマホを使い、排便時間が長くなる人が増えていますが、肛門の血管のうっ血をきたし、痔を招く原因にもなります。

軟らかい便や下痢ばかりしていると、肛門の進展性が悪くなり、結果切れやすくなるのです。

最近はダイエットで下剤を使ったことわきっかけに痔になる女性も多いです。

痔は大きく分けて

いぼ痔で知られる「痔核」

切れ痔の「裂肛」

肛門周囲で化膿を繰り返してできる「痔瘻」

中でも女性がなりやすいのは痔核と裂肛です。さらに痔核には肛門の内側と外側にできるものがあり、内側にできる『内痔核』になる人が多いです。

治療法は生活習慣の改善と薬物治療ですが、改善が見られないときは注射療法や手術が必要になります。

一方、肛門の外側にできる『血栓性外痔核』は突然、肛門付近にコリコリした硬い血まめができ、腫れて痛むのが特徴です。

冷えや長時間の同じ姿勢、便秘でずっとトイレで頑張ったあとなど、血行が悪くなることでできやすいです。

まずは入浴してよく温まることが大切です。薬を使用すれば4〜5日で痛みは改善します。腫れがひくのには1ヶ月ほどかかりますが、手術が必要になることは少ないです。


痔にならないためには?


痔にならないために大事なのは食習慣です。

便秘対策として、水は1日1.5〜2リットル飲み、豆やひじき、切り干し大根など食物繊維豊富なメニューを食事に取り入れましょう。

1日1食だけでも意識して多めに食物繊維を!

また冷えも大敵。お風呂でしっかり湯船につかって体を温めることも大切。

お風呂でおしりを洗うときは石けんを使わないこと。お湯で洗うだけで十分です。

温水便座洗浄を使う人は、低めの温度で短めにしましょう。排便時間が長いことも肛門の血行を悪くするので、2〜3分以内にしましょう。

トイレの時間を短くするだけでも痔は改善しますよ!

【スポンサードリンク】