サンタクロースは本当にいるのか? いないのか?

子供の頃よく、議論しましたよね!

子どもの頃は絶対にサンタはいると思って育ち、大人になって本当にサンタがいてくれればいいのに…と切ない希望に変わってしまったのは私だけでしょうか。

今回は、夢のある心温まる感動の実話をお届けします。

これを読んでキレイな気持ちになってくださいね!


【スポンサードリンク】



サンタクロースは実在するの?


IMG_4385 [562843]

1897年9月21日、アメリカの新聞社ニューヨーク・サンに掲載された社説のお話しです。世界で最も有名な社説の1つになりました。

この話は、8歳の少女ヴァージニア・オハンロンが、新聞社ニューヨーク・サンに送った
“サンタクロースは実在するのか?”という一通の手紙から始まったのです。

当時、彼女は学校で“サンタクロースはいるの?いないの?”で友達と意見を交わしていました。

彼女はどうしても結論が知りたくて、父親のすすめもあり、ニューヨーク・サンに“サンタクロースっているんでしょうか?”という趣旨の手紙を送ったのです。

当時のニューヨーク・サン論説委員のフランシス・チャーチ氏は、上司にこの手紙の社説を書いてくれと言われ、しばらく考えたのち、この社説を書いたのです。

“Yes, Virginia, there is a Santa Claus”(そうです、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです)という題名で書かれたこの社説は、新聞のトップ記事になり、大きな反響を呼びました。

その後、毎年クリスマスが近づいてくると、世界中で語られるようになったのです。その内容がこちらです。

ヴァージニア、お答えします。

サンタクロースはいないという、あなたのお友達は間違っています。

きっと、その子の心には何でも疑っているから「疑り屋根性」が染みついているのでしょう。

疑り屋は、目に見えるものしか信じません。

疑り屋は心の狭い人達です。

心が狭いから、自分ではよくわからないことがたくさんあるのです。

それなのに、自分がわからないことは、全て嘘だと決めつけているのです。

(中略)

サンタクロースがいるというのは、決して嘘ではありません。

この世の中に、愛や人への思いやりやまごころがあるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。

あなたにもわかっているでしょう。

世界に満ち溢れている愛やまごころこそ、あなたの毎日の生活を美しく、楽しくしているものだということを。

サンタクロースがいないですって?とんでもない。

うれしいことにサンタクロースはちゃんといます。

それどころか、いつまでも死ぬことはないでしょう。

1,000年後までも、100万年後までも、サンタクロースは、子どもたちの心を、今と変わらず、喜ばせてくれることでしょう。



という内容の社説です。

新聞の社説でこのような内容の記事が掲載されたのです。夢があり、心温まるお話ですね。

子どものようなキレイな心で世の中を見れば、全てのことが信じられる、そんな気がしてしまいます。あー、大人ってヤダ…(笑)


【スポンサードリンク】



まとめ


みなさんにも、似たような経験があるのではないでしょうか?

子供の頃、友達と“サンタクロースは本当にいるんだよ”、“えーッ、サンタクロースなんかいないんだよー”と言いあったこと。

いつのまにか、「疑り屋根性」が染みついて、目に見えないものは全て信じない、自分がわからないことは、全て嘘だと決めつけてしまってはいないでしょうか?

大切な人の気持ち、心、そして愛も目には見えないものです。これらが全て嘘だと思うなんてことはありませんよね?

もし、少しでもそう思うなら、あなたの心は少し疲れてしまっているのかもしれません。

少し休んで、子どもの頃のキレイな心を取り戻すことが必要かもしれません…

クリスマスの夜に神聖な気持ちになって、心の洗濯をするのも悪くないかもしれませんね!

【スポンサードリンク】