IMG_4620 [660128]
【スポンサードリンク】


新聞、ニュースを騒がせているカジノ解禁法案が衆院を通過した報道。

日本にカジノ…スゴイことですよね?わざわざ海外に行かずとも、日本にいながらカジノで遊べちゃう!なんて、まるでパラダイスですヨ。

でも、カジノ解禁は果たして良い事ばかりなのでしょうか?

今回は、カジノ解禁にスポットライトを当ててカジノ解禁のメリット、デメリットについて探ってみます。


カジノ解禁法案


IMG_4415 [571596]

カジノ解禁法案とは文字通り、日本国内においてカジノを合法化する法案です。

カジノと宿泊施設が一体化された特定複合観光施設を国の許可を受けた民間の事業者が、認定された地域で運営できるという内容のものです。

日本では、刑法により賭博として禁止されているカジノの解禁を認める法案です。経済効果の高いカジノを合法化することで、観光産業、地域経済の活性化を見込んでおり、特に2020年の東京オリンピックの経済効果を上げようと、急いで法案を衆院通過させたのです。

特に自民党、日本維新の会などが賛成にまわり、野党4党と与党である公明党の一部議員も反対しましたが、賛成多数により衆院通過の運びとなりました。


カジノ解禁のメリットとは?


IMG_4619 [660127]

カジノ解禁によるメリットの1番目は、とにかく経済効果でしょう。もともと、パチンコ産業が発達している日本です。

また、宝くじなども含めるとギャンブル人口はかなり多いと推測されます。このギャンブル人口がカジノに向かうとその経済効果はすさまじいものになります。

さらに、宿泊施設、買い物施設などの複合施設となると、その集客力は想像がつきません。海外からの観光客も、ますます増えるでしょう。

そして、これらの建設、周辺のインフラ整備と経済効果はさらに広がります。加えて、大きな雇用も生み出します。まさに、経済効果は、相当なものになります。

この経済効果は、税収に直結し、税収も増えます。経済面、税収面での効果がカジノ解禁の最大のメリットです。他には、国が認めた事業者、地域でないとできないので、国の監視もしやすく、違法なギャンブルを減らし、ギャンブルの健全性をはかれることも期待できます。

また、海外の大金持ちの社交場としての日本、安全に遊べる日本としての地位も確立できるのではないでしょうか?これらがカジノ解禁によるメリットとして考えられます。

【スポンサードリンク】


カジノ解禁のデメリット


IMG_4618 [662362]

カジノ解禁による経済効果の大きなメリットがあることは想像しやすいのですが、それでは、デメリットはどうでしょうか?

デメリットとして、まず考えられるのは治安の悪化があります。これも国がしっかりとした監視体制を確立すれば防げるかもしれませんが、一応の懸念はあります。

賭博を原因にした犯罪の増加、暴力団の関与、資金源につながりかねない、マネーロンダリングの温床になりかねない、これらは全て警察を中心に国がしっかり監視していかなくては防げません。

その辺の監視体制、法整備はしっかりしてほしいものです。

また、ギャンブル依存症におちいる人が増えてしまう懸念もあります。ギャンブルにはまり、お金を使い果たしたあげく、犯罪に手を染めてしまう人もいるでしょうし、自己破産に追い詰められてしまうケースも考えられます。

もっとも、現在でもパチンコ、スロットなどで、ギャンブル依存症の人がいることを考えれば、どれほど増えるのかは未知数です。


まとめ


カジノ解禁によるメリット、デメリットは共にあります。とはいえ、法案が衆院通過したことは、まぎれもない事実です。

メリットを最大限に生かし、デメリットを極力なくすことを国に求めます。

大きな経済効果を生み出し、治安の悪化を防ぎ、安心して生活できる現在の日本の生活を維持してほしいものですね。

【スポンサードリンク】