IMG_6006[407]
【スポンサードリンク】

近年ドローンを利用した空撮映像を各所で見かけますよね。テレビやCM、ネット配信などいたるところでドローンが活躍しています。

しかし、空撮映像という映像手法自体はドローンがきっかけに生まれたわけではなく、ドローン以外にもこれまでさまざまな空撮手法が使われてきました。

では、なぜドローンがここにきてここまでのムーブメントを作ったのでしょうか?

その理由にはドローンを使って空撮映像を撮影するメリットが数多くあるからです。

今回はそんな空撮手法としてのドローンのメリットについて紹介していきたいと思います!

空撮手法の種類について


これまで空撮映像を撮影するための手法としては、ドローン以外にも様々な手法が使われてきました。

例えば、ヘリコプターに乗ってカメラを回す手法であったり、セスナ機に乗って空撮する手法、クレーンに乗って空撮映像を撮影する手法などがありました。

では、こういった既存の空撮手法がある中でドローンがこれらの手法にはないメリットは何なのか?

それを次にあげていこうと思います。

ドローン空撮のメリット① 演出方法の多様さ


IMG_6007[409]

ドローンの空撮映像に特有なものとしては映像の演出方法が多様であるという点があげられます。

地面から急上昇して、点の景色から面の景色への移行であったり、移動による景色の移り変わりなど、様々な演出が可能です。

一方、クレーンやヘリコプターなどという手法ではこういった撮影は中々難しく、どうしても定点での撮影となってしまいがちです。

なので、ドローンは他の空撮手法と比べて多様な演出が可能という点で魅力的な手法といえるでしょう。

やはり世界中の数ある絶景などを仕事で撮影する場合、その景色をどう撮影するかという点で制作者は差異化を図ろうとするものですが、こういった場合ドローンはわかりやすく違いを作ることができる便利な道具といえるでしょう。

ドローン空撮のメリット② 近距離からの撮影が可能


ドローンはヘリコプターやクレーンなどとは異なり小型でフットワークが軽く、細かい操作も可能なため、建物や人物などを近距離からとらえることが可能です。

もしもヘリコプターが建物の近距離から撮影するとなれば、事故になりかねませんが、ドローンの場合は小型で小回りが利くので、制御さえできればどんな距離からの撮影も可能ですし、人がいけないような狭い場所でも飛んで撮影することができるというメリットもあります。

例えば、空を飛ぶような映像から橋の下をくぐるような映像はヘリコプターでは取れませんよね。ドローンであれば簡単に撮影することができます。

ドローンだから撮れる世界の絶景!おすすめ空撮映像11連発

ドローン空撮のメリット③ 安価で手軽に撮影できる


IMG_6005[406]

ドローンが空撮手法として広く利用されるようになった理由の一つには撮影コストの安さがあります。

ヘリコプターにしろ、クレーン、セスナ機にしろ1回の撮影コストは莫大な金額になります。ましてや個人が気軽に利用できるような代物ではありません。

一方でドローンであれば機体さえ手に入れてしまえば、誰でも空撮を楽しめる手軽さがあります。

ちょっとしたシーンに空撮を利用したいと思った時に、簡単にできるフットワークの軽さがドローンの浸透に一躍買っているといえるでしょう。

【スポンサードリンク】


ドローン空撮のメリット④ カメラマンが操作できる


IMG_6008[408]

撮影手法としてドローンとその他の撮影手法の大きな違いとしては、カメラマン自身がドローンを操作できるという点があります。

ヘリコプターやクレーンでの撮影の場合カメラを持っているのはカメラマンですが、機体を操作するのは別人(運転手)です。

一方ドローンであればカメラ自体がドローンに搭載されているので、カメラマン自身が撮りたいと思った映像を自分の手によって撮影することができるのも魅力の一つです。

もっと言えば誰の協力を得なくても、一人で撮影ができるということができ、そういった点もドローンのメリットといえるでしょう。

初心者でも気軽に空撮をはじめよう!低価格おすすめドローンまとめ

ドローン空撮のメリット⑤ 事故のリスクが少ない


もちろんドローン自体にも落下のリスクがありますが、事故が生じたときの被害が最も少ないのはドローンです。

ヘリコプターが墜落すれば死傷者がでる大事故になってしまいますが、ドローンであれば機体が故障するか、人にあたってケガをする(危険なことには変わりありません)ぐらいです。

その他の撮影手法と比べても事故が起きたときの被害が少ないことが言えます。

まとめ


いかがだったでしょうか。

ドローン空撮にはこのようなメリットがあることがわかり、どうしてドローンがここまで浸透したか、その理由が理解できたのではないでしょうか!

ドローンには個人でも気軽に始めることができ、クリエイターと同一線上に並ぶことができるという点でおすすめなので、これから始めようと思っている方はこういった点を参考にして美しい空撮映像を撮影してみてくださいね。

【スポンサードリンク】