【スポンサードリンク】

IMG_5568 [189148]

ダイエット特集など、上手に痩せる方法や簡単ダイエットなどは多く取り上げられますが、その逆は少ないと思いませんか?


世の中、太っている方だけが辛い訳ではありません。痩せ型の方にも辛い面はたくさんあります。


それなのに痩せる方法、ダイエットばかりが取り上げられて、ガリガリ痩せ型の方が上手く太る方法は全く無視されています。それでは痩せ型の方は困りますよね?



そこで、上手に太る方法を5つ紹介しましょう。


痩せ型でガリガリの方も様々な悩みを抱えています。ここで紹介する太る方法が何かの参考になれば良いと思いますよ!



【1日に3食を守ろう!】


IMG_2739 [189149]

痩せ型の方の中には、体力不足のために疲れやすくて困っている方が多くいます。


また、風邪を引きやすいなど、健康面に不安のある方も少なくありません。そういう方の多くが、何とかして標準程度には太りたいと考えて、太る方法を探っています。


上手に太る方法としては、第一に「摂取するカロリーが消費するカロリーを上回る」ようにしなければなりません。


消費するカロリーの方が多くなると、やはり太ることはできませんからね。


では、太る方法としては、何をすれば良いのでしょうか?


基本的には1日に3食をシッカリと食べるようにしていくことです。1食が少ないために痩せ型になっている方が多いと言えますので、最低でも欠食することがないようにしていくことが大切です。


摂取するカロリーを増やすのは二の次です。まずは、1日に3食をシッカリと食べられるようになることを目標にしましょう。



【筋トレを頑張ってみる】


IMG_9446 [59922]

人間の体を考えると、脂肪よりも筋肉の方がエネルギーを必要とします。


つまり、体に十分な筋肉がついていれば、それだけでも消費するカロリーの総量は増えると言えます。


消費するカロリーが増えれば、自然と摂取するカロリーも体が増やすようになるため、何もしないよりも食事の量を増やすことができます。


これが太る方法の一つになります。


もちろん、筋トレだけでは太る方法とは言えません。筋トレをやめてしまえば、元に戻ってしまうからです。


ですから、筋トレをして食事量を増やしておき、体にシッカリと食べることを覚えさせるというイメージで臨みましょう。


簡単に言えば、太る方法と言うよりも、体質改善を図って太りやすい体を作ると思ってもらうのが良いでしょう。


少なくとも体質改善に成功しなければ、痩せ型の方が太るのは難しいと言えます。太る方法を探しているのであれば、体質改善を意識しましょう。

健康的に太りたいあなたへ!【ファティーボ】


【胃腸の健康を考えてみる】


IMG_6583 [51950]

痩せ型の方は、胃腸が弱い方が多い傾向にあります。


胃腸が弱いために食事の消化吸収が効率的に行われず、摂取した栄養やカロリーを体に取り込めないことが原因で痩せ型になっている方がいるのです。


ですから、胃腸の調子を整えることが太る方法につながります。


もちろん、体質的に胃腸が弱い方もいます。体質ですから、十分に胃腸を強くできるとは言えません。


ですが、少し改善する程度であれば、誰でも可能です。太る方法を考えるのであれば、次の方法を試してみましょう。


まずは、ストレス解消を心がけましょう。ストレスが溜まってしまうと、どうしても胃腸に負担をかけてしまいます。ですから、ストレス解消に努めておけば、胃腸の負担を和らげることができます。


次に食べる物に気を配ることです。痩せ型を抜け出すには、太りやすい食品を食べることが良いと言えますが、それだけでは胃腸に大きな負担をかけることが考えられます。


例えば、脂肪分を多く含んでいる「バター」などはカロリー豊富なため、太りやすい食材です。その一方で、胃腸には負担をかけてしまうため、胃腸の弱い方はあまり摂取しない方が良いでしょう。


他には冷たい飲料品を避けたり、夏野菜を避けたりするのが良いでしょう。


きゅうりやトマトなどの夏野菜は体を冷やす効果があるため、胃腸にも良くないと言えます。


理由は、夏野菜に多く含まれる「カリウム」です。排尿を促進する効果があり、体内の熱も外へ逃がします。夏場には効果的ですが、胃腸の弱い方には勧められません。


このような点に注意しておけば、胃腸の負担を和らげることができます。痩せ型に悩む方の胃腸も元気になり、太る方法につながっていくでしょう。



【バランス良い夕食を心がける】


IMG_6372 [189150]

1日の生活を考えると、夕食の後はカロリー消費の激しい運動などをする方は圧倒的に少ないと思います。


ほとんどの方が、夕食の後は入浴や就寝で1日を終えてしまいます。ですから、夕食の摂取カロリーを増やせば、効率的に体にカロリーを蓄積していけると言えます。


夕食の摂取カロリーを増やすとしても、単純にカロリーだけを考えれば良いとは言えません。

【スポンサードリンク】


栄養バランスも十分に考慮しておかなければ、体を壊してしまいます。


また、夕食の量を増やすことも大切ですが、太る方法を考える時には「太りやすい食材」を上手に取り入れるのが良いでしょう。


例えば、炭水化物抜きダイエットという言葉が流行ったように、炭水化物はエネルギー源であると同時に脂肪に変わりやすい物質と言えます。


つまり、脂肪になりやすいから食事から排除して、それにより太りにくい体質にするというのが炭水化物抜きダイエットです。


今は太る方法を考えているので、その逆を考えれば良いでしょう。


つまり、炭水化物を多めに摂取するのが太る方法になります。もちろん、脂質も少しは増やす方が良いですが、脂質の過剰摂取は「脂質異常症」に陥る危険性もあります。


その結果、動脈硬化などになることも考えられるため、脂質は増やし過ぎない方が良いでしょう。その点は炭水化物でも同じです。


ですから、バランス良い食事メニューを考えて、少し多めに摂取するように心がける程度が適切と思われます。


そして、食後のデザートに果物を食べるようにするのが良いでしょう。果物は体を冷やす効果のある物もありますが、それ以上に生で摂取することで「酵素」を体に取り込めます。


この酵素が、太る方法では大切な役割を果たします。



【酵素不足の解消に努める】


IMG_0388 [55085]

前述しましたが、果物や生野菜を摂取すると「酵素」が多く含まれています。


この酵素を摂取するのが、太る方法としては重要なポイントと考えられています。


実は、体内の酵素が不足してしまっているために消化吸収が満足に行われずに痩せ型になっているという方がいます。


つまり、酵素不足を解消すれば、痩せ型を解消できる可能性があるのです。また、上手に太る方法としても酵素の摂取は注目されています。


酵素ダイエットという物がありますが、こちらは酵素の力で消化吸収や腸のぜん動運動を活発化させて排泄を促すことにより、少しずつ痩せやすい体質になることを目指すという物です。


もちろん、痩せ型の方はダイエット効果を求めていないと思いますが、この消化吸収の機能はアップする方が良いと言えます。


ですから、可能な限り酵素を摂取するように努めることが太る方法になると言えます。


酵素不足が痩せ型になっている原因であれば、酵素サプリを摂取するということも手段の一つです。


健康補助食品などもダイエット用に販売されていますが、ダイエット用の酵素食品を普段の食事にプラスアルファで活用すれば、十分に太る方法になります。


なぜならば、ダイエットの場合は、酵素食品などの健康補助食品を食事の代わりに摂取して、摂取するカロリーを減らしているために痩せられるからです。


食事を普通に摂取しておけば、摂取カロリーが減る訳ではないので、ダイエット効果はあまりないと言えます。


しかも、酵素の力で消化吸収が良くなれば、太りやすくなるはずですから太る方法として使えることになるのです。試してみましょう。



【まとめ】


痩せ型の方は、胃腸の弱い傾向にあると考えられます。


ですから、まずは胃腸の負担になるような食品を食べないようにするところから始めるのが良いと言えます。


香辛料をたくさん含んだ刺激物、脂質の多い物などは避けておきましょう。


そして、筋トレをしながら、少しずつ食事量を増やしていけば太る方法としては十分です。


もちろん、筋トレをやめてしまうと効果が失われてしまう恐れもあるため、継続することが大切と言えます。


また、どのような手段も腰を据えて継続すれば、一定の効果があるので、長い目で見るのが良いですよ。


どれでも良いので、ここで紹介した太る方法を試してみないと何も始まりません。好きな方法から試してみましょうね!

【スポンサードリンク】