カラオケは合コンや二次会など、様々な場面で利用されています。

歌が上手い方は誘われても困ることはないでしょうが、コンプレックスがある方はカラオケに誘われても行きにくいですよね。

特に声が低い女性などは、女性アーティストの歌も歌いにくくて、カラオケを敬遠してしまう方もいます。

でも、本当はカラオケに行きたいですよね?みんなと一緒に歌って、盛り上がりたいですよね?

そこで、声が低い女性でも歌いやすい歌を紹介します。

声が低いことがコンプレックスだった女性は、ここで紹介する歌を練習してみましょう。きっと歌いやすいと思いますよ!


【スポンサードリンク】



どんな歌を選べば良いの?


IMG_3819 [59932]

声が低い女性は、一般的に人気がある女性アーティストの歌は歌いにくいですよね。

ですが、みんなが知らないような歌を歌っても、あまり盛り上がりません。ですから、どうしてもカラオケを避けるようになってしまいます。

しかし、ちょっとしたポイントを押さえておけば、みんなとカラオケに行っても大丈夫です。

苦手意識を持ったままでは、いつまでも歌が上手くなることはありませんからね。

それに、もしも職場の上司にカラオケに誘われたら、どうやって断りますか?

後々のことを考えると、やはり断るのは良くないですよね?

上司も気分を害してしまいますし、職場でも浮いた存在になってしまいますからね。

そこで、声が低い女性が歌を選ぶ時のポイントを考えてみましょう。

1. 音域が限られている曲

2. 単純なメロディーで構成された曲

3. バラードなど、テンポが速くない曲

4. 周りが合いの手を入れやすい曲

このような選曲が適切と思われます。

声が低い女性の場合、やはり女性アーティストの高音部がネックになります。

そこで、自分の声の高さを考えて、それに近い音域に限られているような曲を選ぶのが良いでしょう。

例えば、声が低い女性アーティストが歌っている曲などを参考にしても良いでしょうね。

また、単純なメロディーで構成された曲を選ぶのが良いですよ。メロディーが複雑になれば、それだけ音域も広がることになりますし、声を出すのも難しくなります。

複雑なメロディーは、それだけ歌が上手いかどうかも分かりやすくなります。すると、声が低い女性の場合は経験の少なさが目立つことになり、余計に周りに意識されてしまいます。

できるだけ単純なメロディーで構成されているような曲を選びましょう。

バラードのようにテンポがゆっくりとしている曲の場合、低い声で歌い上げる方が馴染みます。

ですから、バラード曲を選ぶようにすれば、声が低い女性の方が上手く聞こえます。これは実践的な選曲につながりますよ。

最後に、周りが合いの手を入れやすい曲を選びましょう。

音楽番組やコンサートなど、全体で盛り上がるような選曲をすれば、カラオケでも周りが後押ししてくれるので、かなり歌いやすくなります。

また、上手いかどうかではなく、盛り上げるのが上手い人がいれば、その歌をカラオケで歌うだけで盛り上がれるので効果的です。

カラオケで盛り上がってしまえば、女性の声が低いことなどは気にされることもありません。

このようなことに注意して、カラオケでは選曲してみましょう!


【スポンサードリンク】



具体的には、こんな曲!


IMG_3082 [242478]

カラオケでの選曲のポイントを紹介しましたが、それだけではよく分かりませんよね。

そこで、具体的に声が低い女性でもカラオケで歌いやすい歌を紹介します。声が低い女性は、カラオケでの選曲の参考にしてみてくださいね。


(大塚愛 さくらんぼ)

明るいメロディーで、誰もが元気になれる歌ですね。

合いの手を入れても良いですし、盛り上げ上手の方がいれば、ちょっと協力してもらえば歌いやすい歌です。

多くの方にも知られていますし、大塚愛さんのコンサート映像などを参考にして、周りを巻き込みながら歌ってみましょうね。


(プリンセス プリンセス Diamonds)

30代後半以降の方には非常に人気が高いのが「プリンセス プリンセス」です。

この世代の方は絶対に知っている曲なので、自然と口ずさむ方も多いはず。

また、前向きになれる歌詞も良いので、疲れを吹き飛ばすイメージで元気良く歌えばOK!

少しくらい音を外していても、誰も気にかけないと思いますよ。


(AI 「Story」)

歌詞にあるように「一人じゃない」と思って、思い切って歌ってみましょう。

メロディーも歌詞も、その世界観に引き込んでしまうだけの力強さを持っているので、歌っている女性の声が低いことを忘れてしまうでしょうね。

この曲は声が高い方だとメッセージ性が弱まってしまうような印象なので、声が低いことを前面に押し出しても良いくらいですよ。


(工藤静香 キミがくれたもの)

どこまでも羽ばたけるような壮大な曲ですから、ゆったりと構えて堂々と歌いましょうね。

素直な気持ちをそのまま歌詞にした曲でもあるので、自然体で歌うのも良いでしょうね。

誰もが聞きほれるはずなので、コンプレックスは忘れて歌い上げてしまいましょう。

また、アニメのエンディングテーマでもあったので、幅広く知られているはずですよ。


(岩崎良美 タッチ)

今でもファンが多い岩崎良美さんの「タッチ」は、ほとんど知らない人はいないくらいの曲ですよね。

アニソンでもあるので、意外と若い方でも歌ったことがある人が多いのも特徴です。

また、大勢が知っているので、誰でも盛り上がれる曲です。

YouTubeの動画は再生回数も「1,133,000回」を突破しているので、みんなで歌うつもりでも良いかも。


(荒井由実 ルージュの伝言)

松任谷由実さんもそこまで声が高い方ではないので、声が低い女性でも歌いやすいですよね。

また「ルージュの伝言」については英語版もあるくらいによく知られている曲ですから、こちらを持ち歌の一つにするのがオススメです。

少しノスタルジックな印象もありますが、恥ずかしがらずに歌えば良いと思いますよ。


(ZARD 負けないで)

恐らく、日本で一番知られている応援歌ですよね。

このメロディーを聞いただけでも元気になる方は多くいますよね。曲から元気をもらって、元気良く歌いましょう。

知らない人はいないと思うので、周りからの助けもあるはずです。失敗しても笑顔を忘れないで歌えば、かなり歌いやすい歌の一つですよ。


(酒井法子 碧いうさぎ)

初音ミクで替え歌が製作されたことで、一部で話題になった曲です。

ですが、元はとても良い歌です。静かなメロディーと心に響く歌詞なので、声が低くても歌いやすい歌です。

上手に歌うというよりも、メロディーに合わせて歌い上げれば問題ないでしょう。世代によっては高評価の歌ですよ。


(AKB48 会いたかった)

AKB48の曲の中でも大ヒットした曲の一つですよね。こちらは元々が大勢で歌いやすい歌となっていますし、周りから合いの手も入れやすい曲です。

カラオケに一緒に行った人に協力してもらえば、年配の方がいても盛り上げられますよね。

上手に合いの手を入れてくれる人がいる時に歌いたい曲です。


(高橋洋子 魂のルフラン)

高橋洋子さんは高音も出せる方ですが、こちらは比較的低い音域でも歌いやすい歌です。

どちらかと言えば、力強い声を出すことや肺活量が求められるので、低い声を気にするよりも力強く歌うことを意識して歌いましょう。

また、声が低い女性が歌うことで、かなり魅力的に見える歌でもあります。


(一青窈 ハナミズキ)

一青窈さんのように上手に歌い上げようとすると、少し難しいでしょうね。

それでも、年配の方でも知っている曲であることと穏やかな波のようなメロディーで歌いやすい歌の一つでもあります。

自分の音域で良いので落ち着いて歌えば、とても歌いやすいですよ。慌てずに、歌詞を一つ一つ拾い上げるように歌うことがポイントです。


まとめ


ここで紹介した曲は、ほんの一部です。

声が低い女性でも歌いやすい歌を選曲していますが、声が低い女性でなくても歌える曲も多くあります。

紹介した曲を自分で歌ってみて、自分が一番歌いやすい歌を持ち歌にするのが良いですよ。

そのためには友達に協力してもらって、どの歌が一番良く聞こえたのかを確認してもらうのが良いでしょう。

いずれにしても堂々と歌えば、声が低いくらいは何でもないですよ!

【スポンサードリンク】