【スポンサードリンク】

多くの方が知っているように、日本はどこでも地震が起こります。

そのため、普段から地震に備えておく必要があると言えます。

ですが、いざ用意しようとしても、どんな持ち物が必要なのかよく分かりませんよね?

そこで、突然の地震に慌てないで済むように、必要となる持ち物を紹介します。

これだけを準備していれば、いざという時でも安心です。キチンと備えておきましょう!





地震の時は自宅避難という選択肢もある


地震が起きた時、必ずしも避難所へ向かう必要があるとは言えません。

もちろん、自宅が危険に晒されている場合は避難所へ行くのが良いですが、頑丈なマンションに住んでいたり、がけ崩れや津波などの恐れがなかったりすれば、自宅避難という手段もあります。

確かに周辺の火災や近隣の建物の倒壊など、危険があるとも考えられます。

ですが、そのようなことがなければ、無理に避難所へ行く必要はありません。

自宅で状況が落ち着くまで待機しておくという方法もあります。

そのような場合に準備しておく持ち物としては、パンや缶詰、保存食になるレトルト食品などが良いでしょう。

あとは、飲料水とカセットコンロがあれば、普通は事足りるはずです。

できれば、普段から風呂水を溜めておくようにした方が良いと言えます。

もちろん、トイレの水が出ないことも考えられますし、ガス漏れや漏電なども考えられますので、自宅の建物に被害がないことを確認できた時に限ります。

ですが、状況次第では自宅避難という手段があることも忘れないようにしておきましょう。


逃げ出すための持ち物を準備する前に


ここからは、自宅が危険に晒されてしまい、避難所や避難場所へ移動しなくてはならなくなった場合の持ち物について紹介していきます。

用意しておきたい物はたくさんあります。

ですが、全てを用意していても、実際に持ち出せるとは限りません。

特に避難が必要になるような状況では、たくさんの持ち物があると、逆に避難の妨げになってしまいます。

そこで、必要のない物は、できるだけ持ち物として準備しないようにしましょう。

いくつかのサイトで推奨されている準備しておきたい持ち物のリストを見ると、保存水、カンパンなどの必需品に交じって、水のいらないシャンプー、耳栓などを列挙しているところがあります。

避難所などではある方が良いですが、そこまで準備していると、非難の邪魔になってしまう恐れがあります。

そのため、このような物は準備する持ち物に入れなくても良いかもしれません。

次の項目では、最低限準備したい持ち物を一覧で紹介します。


最低限準備しておきたい持ち物の一覧


・保存水

・非常食

・応急手当セット&常備薬

・懐中電灯

・携帯型ラジオ

・携帯電話&予備バッテリー

・軍手

・マスク

・ナイフ

・ライター、マッチ

・タオル

・簡易トイレ&トイレットペーパー

このくらいの物があれば、何とか大丈夫でしょう。

もちろん、準備できていれば良い物はもっとありますが、最低限必要な物に絞っています。

ですから、まずはこの一覧にある物を準備するように心掛けておきましょう。


他に準備できていれば良い物は?


さて、一覧で示した物以外にも、ある方が良い物はたくさんあります。

その一覧も示しておきましょう。

・携帯カイロ

・アルミシート(防寒用)

・ろうそく

・ビニール袋

・新聞紙

・ウエットティッシュ

・ホイッスル

・除菌剤(除菌ジェル)

・ガムテープ

・ロープ

以上のような物があれば、より良いでしょう。

ですが、避難する時には持ち物は少ない方が良いです。

特にがれきなどが散乱してしまっているような状況になっていたら、両手が自由になる方が良いです。

そうなると、持ち物を少なくしておきたいので、ここの一覧にある物は除外しておいても構わないと考えましょう。


女性が準備しておきたい持ち物は?


男性と違って、女性が災害現場では困るケースが多々ありました。

そのため、男性よりも女性の方が少しだけ多く準備しておきたい物があります。

その一覧を紹介しましょう。

・生理用品(数日分)

・髪留めゴム

・下着(サニタリーショーツ)

・タンクトップ(カップ付き)

・おしりふき

これくらいはある方が良いでしょう。

特に女性は人が多く集まる避難所などではストレスを溜めてしまいます。

そこで、このような物があった方が良かったと経験した方たちの声が反映されています。

既に持ち物を準備している方は、このような物があるかどうか、一度確認しておく方が良いでしょう。


【スポンサードリンク】



子供用品も忘れずに


小さな子供がいる家庭では、子供用品も忘れないようにしたいものです。

中でも、乳幼児に対する物は、避難所などでも十分に準備されていないケースがあります。

そこで、援助物資が到着するまでのつなぎができることを目安に準備しておきましょう。

・離乳食、粉ミルク

・オムツ

・スプーン

・おしりふき

・うがい薬

このような物があると良いでしょう。

特に「うがい薬」は歯磨きが十分でない時には、虫歯予防に効果があると注目されています。

大人はそうでもありませんが、子供の場合は虫歯になりやすい時期もありますので、子供の成長を考えて、うがい薬も準備しておく方が良いでしょう。


持ち物を準備するのが大変な時は?


必要になる持ち物を紹介してきましたが、これらを準備するのは大変ですよね。

例えば、保存水と言われても、店頭で取り扱っていないところもあります。

そこで、どうして良いのか分からない方は、通販を利用するのが良いかも知れません。

大手の通販サイトなどでは、防災用品をセットにしている「非常用の持ち出し袋」を販売しています。

こちらには防災グッズがセットにしてあって、保存水やカンパンを始め、給水袋や救急ポーチまでセットになっています。

全てをバラバラに準備していたら、とても大変な物ばかりです。

ですから、このようなセットを購入することも一つの方法と言えるでしょう。

また、携帯トイレなど、必要な物だけを通販で購入するなどでも良いでしょう。

とにかく、自分が避難する時に邪魔にならない程度の持ち物を準備しておくことが大切です。

さらに、通販であれば、大体「この商品を買った人はこれも……」と示してくれますよね。

このようなデータを利用して、必要な物を用意してください。


備えあれば憂いなし!


地震の時は、自分の命を守ることが一番です。

持ち物を準備していても、それが持ち出せないこともあります。

ですから、逃げる時の持ち物について考えておくこと、自宅にストックしておく物を考えることなども大切ですが、どうやって安全に逃げ出すかを考えることも重要です。

この機会に、避難経路や避難方法についても見直しておくことをおすすめします。

何にしても他人事と思わずに、自分の身に降りかかるかも知れないと思っておくことが大切です。

そういう心構えがなければ、何を準備していても地震の時に慌てることになりますからね!

【スポンサードリンク】