【スポンサードリンク】

日本銀行は1月29日に、初めてマイナス金利の導入を決定しました。

マイナス0.1%の金利が適応されるそうです。

これによって、私たちの生活にどう影響するのか?

また、年金が減ったり損する事はあるのでしょうか。

今回は、そういった不安や疑問を解説したいと思います。





なぜマイナス金利にするの??


なぜ日銀はマイナス金利政策をとるのでしょうか。

今まで民間銀行は、余ったお金を日銀に預けるとこで利息を受け取ってきましたが、マイナス金利になると逆に利子を払わなければなりません。

だから日銀には預けず、積極的にお金を民間企業に貸し出すようになります。

その結果、経済が活性化して景気が良くなる。

日銀の狙いは 〝円安〟 にすることです。

円安になると、日本の輸出などが潤って株価が上がります。

株価が上がると景気も良くなるということです。


マイナス金利のデメリットは??


円安になると、小麦、牛肉、チーズなどの輸入食品の価格が上がるので食費が高くなります。

日本はエネルギー資源の大半が輸入に頼っているので電気代が上がる 、海外のブランド品や海外旅行の費用も上がります。


住宅ローンの金利は??



IMG_6541 [37585]

マイナス金利によって、住宅ローンの金利は下がり始めています。三菱東京UFJ銀行は2月から金利を1.05%に引き下げました。

このまま金利を下がり続けるとどうなるのでしょうか。

今までは銀行にお金を借りると、利子を払わなければなりませんでしたが、マイナス金利になれば利子を払うどころか、利息をもらえることになる可能性があります。

デンマークでは一部の住宅ローンがマイナス金利になり

「借りるとお金がもらえる」

という状況になっているそうです。


【スポンサードリンク】



年金が減ってしまう??


IMG_5202 [37586]

マイナス金利を導入したスイスでは、年金の運用がまともに出来なくなり、〝将来年金が支給されるかどうか〟という事態に陥っているようです。

日本の年金は、安定的な投資先の日本国債などで運用されてきました。

しかし、マイナス金利によって国債の金利が低くなれば、予定していた運用益が上がらなくなります。

そうすると、リスクの高い株式などに投資するしかなくなり、もし株価が暴落すれば多大な損益が出てしまい、利率も下がってしまうという事態になります。


銀行預金は減ってしまう??



IMG_2653 [37587]

日銀が決めたのは、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など民間銀行が、日銀に預けているお金に対して0.1%のマイナス金利を適応することです。

なので、一般の人が民間銀行に預けるお金に適応されるわけではありません。

あくまでマイナス金利とは銀行と日銀間のお金のやり取り です。

金利は下がりますが、一般の預金者は利息を受け取ることができます。


まとめ



マイナス金利政策には、メリットもデメリットもあるような気がします。

今後も、私たちにとってどの様に影響してくるか分かりません。

日頃からアンテナを張っておくことが必要ですね。

【スポンサードリンク】