IMG_9606 [9993]

 人から花束をプレゼントされた時に、少しでも長く花を持たせる方法を知っていれば
しばらくの間キレイな花を楽しむことができますよね。


しかし、切り花はなぜ、あんなに早くしおれてしまうのか。


という疑問にお答えし、少しでも長く持たせる方法と簡単裏ワザをご紹介します!!


【スポンサードリンク】




枯れてしまう原因



花が早く枯れてしまう原因は、水の中にいるバクテリアが、花をしおれさせている元凶となっているからです。


切り花が本来水分と栄養を吸収するための管に、バクテリアが詰まるために、花はしおれてしまいます。


 切り花を長持ちさせるには、なんといってもバクテリアを繁殖させないようにするということです。


夏場などはバクテリアが繁殖しやすく、1日で花瓶の水は濁ってしまいますので、毎日水を新しく変えるようにしましょう。


また、花瓶の水を変える時には、花瓶の中を洗剤を使用して、キレイに洗うことが、バクテリア対策には重要です。





長持ちさせる方法



 花瓶の水を取り換える際には、毎回、切り花の茎を水切りするようにし、茎の断面を清潔に保つようにします。


また、茎の下の方の葉っぱは、花瓶に生ける際には取り除きましょう。


下の方の葉が腐って、バクテリアが繁殖しやすくなりますので、花を生ける際には、水につかる部分は茎だけにしましょう。


花瓶の水を変える時に、切り花の茎がぬめっている場合には、キレイに洗うようにしましょう。


 しおれた花からは、エチレンガスが出ており、エチレンガスはほかの元気な花を、しおれさせる速度を進めてしまいます。
ゆえに、花瓶の中でしおれかけている花は、早めに取り除くようにしましょう。



【スポンサードリンク】



裏ワザ1



 切り花を長持ちさせるのにいいのは、やはり切り花延命剤を使用するという方法となります。


延命剤を使用すると、抗菌力がありますので、1週間花瓶の水を交換しなくても大丈夫です。


しかし、わざわざ延命剤を購入しなくても、延命剤よりは効果は劣るものの、漂白剤を使うという裏技があります。


延命剤のように、栄養や水あげを促進する効果はありませんが、バクテリアの繁殖を抑えることはできます。


花瓶の水の中に、漂白剤を数滴落すようにしましょう。



裏ワザ2



 切り花を生けた花瓶の中に、10円玉を何枚か入れておくという裏技もあります。


10円玉の銅が溶けて、バクテリアの繁殖を抑制してくれます。


また、気の抜けた炭酸水を、水の代わりに花瓶に入れて花を生けると、通常の4倍程度、花は長持ちします。


さらに、長持ちさせるためには水切りが重要です。花束をもらったら、水切りを何度も行ない、最後まで花を楽しみましょう。


茎がどんどん短くなっていくのですが、花に合わせて花瓶を低いものに変えていきましょう!!

【スポンサードリンク】