【スポンサードリンク】

 浴室の中でも、特に汚れが落ちにくく目立ってしまうのが、浴室の鏡の水あか汚れです。

スポンジでキレイにこすっても、乾くとウロコ状の水あかで、鏡は曇っています。

ここでは、なぜお風呂場の鏡の水あかは、簡単に落ちないのかという、生活に関する疑問を解消するとともに

鏡の水あかを簡単に落とすやり方と、誰でも出来る裏技テクニックをご紹介します!





水あかの原因


 鏡に水あかができる原因については、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの
金属イオンが結晶化して鏡の表面に付着するということと、シャンプーや石鹸カス、風呂用の洗剤が
付着するという2つの原因で汚れてしまいます。

どちらの場合にでも、長期間放置しておくと、大変頑固な汚れになってしまいます。

これらの汚れが付着すると、水分だけが蒸発し、成分は鏡の表面に残ってしまいます。

ついてすぐであれば、成分も落ちやすいのですが、放っておくとどんどん蓄積されて、落すのに非常に苦労することになります。


簡単に落とす方法


水あかの原因のひとつである金属イオンは、アルカリ性です。

ゆえに、水あかを落すための洗剤は、酸性の洗剤を選ぶ必要があります。

ちなみに、トイレ用の洗剤は酸性となりますので、わざわざ購入しなくても、トイレ用の洗剤で代用することができます。

鏡に洗剤を塗布した後、垂れ防止のためにその上から、キッチンペーパーを貼り付けて
酸性洗剤の成分を十分に水あかに浸透させましょう。

2時間ほど放置した後、キッチンペーパーを取り除き、スポンジで鏡をこするようにすると、水あかはキレイに取れます。


【スポンサードリンク】



簡単裏ワザ1!


 そもそも浴槽の鏡に、水あかがつかないようにする、簡単裏ワザをご紹介します。

窓掃除に使う水切りワイパーで、毎日お風呂に最後に入浴した人が、鏡の水滴を拭き取るようにするという方法は有益です。

水切りワイパーがない場合には、吸水性の良いタオルで鏡の水滴を拭き取るようにしましょう。

ただし、普通のタオルで拭き取った場合には、鏡の表面にタオルの繊維が残ってしまうのでNGです。

水切りワイパーも吸水性の高いタオルも、100円ショップで購入することができます。

1番の水あか防止策は、鏡に水滴がついた状態のまま放置しないということです。


簡単裏ワザ2!


 また、車のフロントガラスに塗布すると雨粒をはじいてくれる、車の窓ガラス用のフッ素コート用品を使用するという方法もあります。

浴槽の鏡に塗布すると、面白いくらい水をはじいてくれますので、水あかがつきにくくなります。

ちょっとした工夫で、快適な浴室環境を手に入れましょう!!

【スポンサードリンク】