IMG_4801 [756145]
【スポンサードリンク】

ふなっしーやネバ~る君などがTVから姿をひそめ、一時のゆるキャラブームも少し下火になった感があります。

しかし、今ひそかに話題となっているのが「にゃんごすたー」です。

何が話題になっているのか?

今回は、「にゃんごすたー」にスポットライトを当ててみたいと思います!

にゃんごすたーのプロフィール


IMG_4803 [756146]

にゃんごすたーは、青森県黒石市の非公認ゆるキャラです。

リンゴとネコを合わせたファンシーな容姿の真っ赤な、黒石市名産のリンゴがイメージできるゆるキャラ。

設定は、約10年前に死んだ白い飼いネコを飼い主がリンゴ園に埋葬したところ、その後、リンゴの木に実ったのがにゃんごすたーということです。

年齢は7歳、身長は170㎝、体重はリンゴの木箱3箱分だそうです。

かのビートルズのドラマー、リンゴスターをもじったネーミングで特技はヘビメタドラム、ドラム歴17年の飼い主を見てドラムを覚え、現在ドラム歴2年という設定です。

その腕前は、約340人が応募した雑誌「リズム&ドラムマガジン」のコンテストで最終選考の5人に残ったほどで、コンテストを主催したリットーミュージックによると、「スピード感あふれる演奏に審査員もビックリしていた」といいます。

そんな好成績にも甘んじず、にゃんごすたーは、Twitterで「ぐぉー残念!もっと腕磨くっす。」とツイートし、ゆるキャラなのにドラムに対する姿勢はゆるくないところを見せています。

困ったような八の字まゆげ、リンゴの木から落ちた時についた頬のキズが印象的なゆるキャラなのですが、その容姿よりも、今話題になっているのが、にゃんごすたーのドラムの腕前なのです。

にゃんごすたーのドラムの腕前


にゃんごすたーを有名にしたのが、伝説のロックバンドX JAPANの名曲「紅」を、にゃんごすたーが演奏する動画で、インターネットやSNSで拡散して、約10日で再生回数27万回を超える人気ぶりとなったのです。



その後、プロ級のドラムに、にゃんごすたーの中に入っているのは、本家本元のYOSHIKIではないか?などという憶測も流れました。

しかし、YOSHIKIやLUNA SEAのドラマー真矢、ギターINORANの目の前でサイジェラ、「サイレントジェラシー」を叩きあげる機会があり、にゃんごすたーの中身がYOSHIKI説は無いことが証明されました。

にゃんごすたーの演奏を目にした3人も「すごーい!」と大絶賛で、「これからは青森だね。」とまで言わせています!

【スポンサードリンク】


にゃんごすたーの中身は誰?


IMG_4804 [756147]

気になるにゃんごすたーの中身ですが、今、有力なのは、E;LAN(エレン)というバンドのドラマーYOSHIKIという説です。

その理由として、まず着ぐるみを着て、あれだけハードなドラムパフォーマンスを見せるには相当の体力が必要で、ある程度若くないとできない、青森県黒石市にゆかりのある人だろうということ、両サイドのシンバルの入れ方がかっこよく、ツインペダルもそつなくこなし、プロ級にドラムが上手いこと、X JAPANが好きなことなどです。

中でも、青森県黒石市出身ということが、にゃんごすたーの中身がE;LANのYOSHIKIではないかという有力な根拠になっています。

まとめ


一時のブームではなくなったにせよ、ゆるキャラはまだまだ活躍しています。

ただゆるくてカワイイゆるキャラから、ふなっしーのように、しゃべりや動きでファンを魅了するように進化し、ネバ~る君のようにアッと驚く、伸びるパフォーマンスなどを売りに進化してきました。

そして、今にゃんごすたーのように、誰もが驚く、プロ級のドラムパフォーマンスで注目されるように進化しています。

ただゆるいだけでなく、ゆるくない技を持ち合わせたゆるキャラへと進化したにゃんごすたーのこれからの活躍に注目が集まります。

少なくとも、青森県黒石市を有名にしたことは事実です。

それだけでも、ゆるキャラとしての役割は果たしていますが、今後、にゃんごすたー率いるゆるキャラバンドなんてのも見てみたい気がします!

【スポンサードリンク】