IMG_0908[1261]
【スポンサードリンク】


毎年、春が近づいてくるとどうも鼻の調子が…

花粉が原因で鼻の症状が悪化する人は多いですね。

このブログの筆者である私は、幼少の頃よりアレルギー性鼻炎と蓄膿症でした。

耳鼻科に通っていましたが、面倒になりいつのまにか行かなくなっていました。

普段はそれほど違和感なく過ごしていましたが、風邪など体調が悪くなると症状が悪化して目の奥や鼻すじが重く痛い状態に…

なにか良い改善法はないか模索していると、ある友人から〝お茶〟を勧められました。

そのお茶を定期的に飲むと、蓄膿症の症状がだんだん軽くなっていきました。そのお茶とは

そう、今回ご紹介する「なた豆茶」です!

何故なた豆茶がアレルギー性鼻炎や蓄膿症に効果があるのでしょうか?


なた豆に含まれるカナバニンが膿を排出!


IMG_0909[1262]

先ほども申し上げましたが、何故なた豆茶には蓄膿症などを改善するのでしょうか?

それは「なた豆」に含まれるカナバニンという成分にあります。

カナバニンには、優れた排膿作用と抗炎症作用、血液や体液の浄化作用、血行促進作用があるんです。

なので、なた豆茶を飲むことで患部の代謝が良くなり、膿などが排出されやすくなります。

また、膿を作り出す細胞の働きを正常に戻すので、膿の発生をストップさせる効果があります。

国産なた豆茶にごぼう茶をブレンド♪

実際になた豆茶を飲んでみた感想


もともと副鼻腔炎(蓄膿症)だった私も、毎日なた豆茶を飲んでみました。

以前は、風邪や体調が悪くなると〝こめかみ〟や〝眉間〟がズキズキする感じでした。

なた豆茶を飲みはじめて1カ月くらいで、少し楽になり始めました。

半年経った頃には、鼻詰まりや重たいと言ったこともなく、全く違和感がなくなりました。

正直な感想としては

『このお茶、スゴいやんっ!!』

です。笑

なた豆茶で蓄膿症や花粉症を改善!


なた豆は、古くから歯周病や蓄膿症、痔、口内炎などの民間療法に活用されてきました。

さらに、漢方では免疫抵抗力がつき膿を素早く体外に排出する効用が認められています。

私には古い友人がいますが、2年前からスギ花粉症の症状がでるようになりました。

春先になると眼やに、鼻水、鼻づまりがひどく、見ていて本当にかわいそうでした。

血液検査でアレルギー抗体を調べてもらったところ、スギ花粉のアレルギー抗体レベルがプラス4でかなり悪いことがわかりました。

そので僕は友人になた豆茶を継続して飲むようすすめました。

すると友人は、なた豆茶を飲むと鼻水が柔らかくなってスーッと出るのでよく眠れるようになりました。

なた豆茶を飲み続けて1年後、血液検査を受けたところスギ花粉のアレルギー抗体レベルがプラス3に下がっていました。

特に病院に通ったり薬を飲んでいなかったので、きっとなた豆茶の効果だと思います。

もし、同じような症状で悩んでいる方がいたら、一度なた豆茶を試してみてはいかがでしょうか!

おすすめのなた豆茶↓



風邪でもないのに咳が長引く!?止まらない原因と対処法

【スポンサードリンク】