【スポンサードリンク】

IMG_0776[1137]


北野監督映画「HANA―BI」「アウトレイジ最終章」など数多くの作品に出演した俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため急死しました。


独特の演技で親しまれた個性派俳優の大杉漣さん…ほんとうに残念です。


ご冥福をお祈りしますm(_ _)m


大杉漣さんは1951年9月27日生まれで徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビューしました。


映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演し、主役を際立たせる名脇役として存在を確立させました。


所属事務所が公式ホームページで発表し


「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」


とコメントしました。


葬儀は本人、家族の意向により親近者のみで執り行うと発表しました。


出演中のレギュラー番組はどうなる?


IMG_0777[1139]

大杉漣さんが出演中のレギュラー番組はどうなってしまうのでしょうか?


大杉さんと言えば、ぐるナイの「ごちになります!」をはじめ、ドラマやテレビ番組に出演していますよね。


人気バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』にレギュラーで大杉漣さんが出演している、あす2月22日(19:00~20:54)の2時間スペシャルは予定通り放送すると公表しています。


また、現在放送中の連続ドラマ「バイプレーヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」の第3話の放送がくしくも、大杉さんが急死した2月21日でした。


2月21日の放送については、ご遺族や事務所、キャストの意向もあり予定通り放送すると発表しました。


しかし、来週28日の第4話以降の放送は現在検討中だそうです。

【スポンサードリンク】


残された家族は?


まだまだ若かった大杉さんだけに、ご家族の方もさぞ辛いことでしょう。


大杉さんの家族構成はどのようなものだったのでしょうか。


大杉漣さんは1982年に弘美さんという方と結婚しました。弘美さんも劇団に所属する俳優さんだったようです。


大杉漣さんが31歳、弘美さんはまだ23歳で同棲8年目という長い交際を経ての結婚。


大杉漣さんは、当時なかなか俳優として目が出ませんでした。しかし、妻の弘美さんは大杉さんをずっと経済的に支えていました。


経済的に苦しい中でも、ずっと大杉さんを支え続けた妻の弘美さんはすごいですね。


これまでの大杉さんのご活躍は弘美さんのおかげかもしれません。

IMG_0775[1138]

また、大杉漣さんは息子と娘の2人の子供がいます。そう、大杉漣さんは「出来ちゃった結婚」だったのです。


息子さんのお名前は「大杉隼平」さんと言い、1982年8月28日生まれで現在はプロのカメラマンとして活躍しています。


もう1人の娘さんは、息子の大杉隼平さんが生まれた3年後の1985年頃生まれたそうです。


大杉漣さんの娘さんのご職業はパティシエだそうです。


2人とも立派に社会人として活躍されていますね。まだまだ子供の成長を見たかっただろうに、大杉さんの急死は本当に悔やまれてなりません。

【スポンサードリンク】