IMG_4696 [708863]
【スポンサードリンク】


卓球の練習頑張ってますか?

試合で勝つために、みなさん日々努力されているかと思います。

卓球初心者にとっては、どんな練習をすれば強くなるの?と思う方もおられるでしょう。

そんな方のために、卓球歴30年の僕が経験してきた卓球初心者が練習で強くなるために意識しておくべき5つの考え方をお教えします。

初心者は基本練習が命


基本練習はちゃんとやっているでしょうか?

ズブの素人ならラリーすら出来ない状態ですが、ある程度練習している初心者ならフォアハンド、バックハンドラリーはできるでしょう。

しかし、ちょっと上達した初心者に有りがちなんですが、基本練習に費やす時間が短いんです。

すぐにオールラウンドな練習をしたり、ゲーム練習したりします。

男子ならドライブの打ち合いですね。基本もできていないのに応用練習すると、変なクセがついたり、そもそも試合で勝てません。

ちょっと地区大会で優勝した中学生にありがちな勘違いですね。

どんなスポーツでもそうですが、基本練習が一番大事です。

特に初心者や、卓球を始めて3年以内の人はもっと基本練習をするべきです。

三国志に登場する趙雲子龍は、槍術で世に名を轟かせましたが、強くなっても毎日基本の技術の鍛錬を怠りませんでした。

強い人ほど基本練習の大切さを分かっています。

3時間練習できるなら、半分以上は基本練習でいいんじゃないでしょうか。

一度、練習メニューの比率を見直してみましょう。

サーブ、レシーブ適当に出してない?


基本技術の次に大事なのはサーブ、レシーブですね。これがちゃんと出来ないと試合で勝てないし、強くなれません。

いくら目に見えないほどのドライブが打てても、サーブ、レシーブがビルの2階くらい高くなってしまったら話になりませんよね。

社会人の選手や一流選手は、サーブ練習だけで2〜3時間費やす人もいます。

初心者の頃は、ピン球に回転をかけるのは難しいです。難しいですが、何回も何回も練習していくと回転をかけれるコツみたいな感覚が掴めてきます。

何回も練習するしかないんです。

一番ダメなのは、何も考えないで適当にサーブを出していることです。

相手にとって苦手なコースや、苦手な回転って絶対あるんですよ。だから、色んな回転やコースにサーブを出して相手の弱点を見抜いて得点に繋げるようにしなければいけません。

サーブが自分の思うコースに出せるようになったら、回転をかける瞬間のインパクトで相手を撹乱することも意識しましょう。

ようは何回転のサーブを出したか分かりづらくする事ですね。

対戦相手は焦ります。何のサーブ出されたか分からないと、相手は勘でレシーブするので反応が遅れます。反応が遅れると次のボールに対しての対応が遅れゴテゴテになります。

こうなると流れは完全にこっちのもんです。

レシーブもコースを考えて返しましょう。短いストップ、長く切れたツッツキ、チキータ、ミユータなど相手が嫌がるコース、または失点につながる戦い方をすることが大事です。


【スポンサードリンク】



強い選手を観察し、研究する


卓球をやっていると、憧れの選手っていますよね。

「あの人のプレーかっこいい!」

自分もそんな選手になりたいと思いますよね。影響を受けるって大事だと思います。

「学ぶ」という言葉は、「真似ぶ」から来ています。

強い憧れの選手を、ただ羨望の眼差しで見るのではなく、その選手のどこが良いいのかを研究
し、自分に取り入れていきましょう。

その憧れの選手と会話ができるなら、普段どんな練習をしているのか聞いてみると良いです。恥ずかしがらずガンガンいきましょう。

でも、いくら強い選手でも悪い所もあるので自分の中で取り入れるべき部分を考慮してくださいね。

礼儀知らずに強い選手はいない


今まで、いっぱい強い選手に会ってきました。

強い選手には共通していることが一つあります。それは皆、とても謙虚だということです。

言葉遣いや挨拶、先輩方に対する接し方などキチンとしている方が多いんです。

謙虚で真面目に練習しているからこそ、回りに人が集まり、協力してくれるんだと思います。

ちょっと強くなったからと、天狗になっている人を時々見かけますが、そんな人は、この先強くはなれません。

練習中態度がデカい、試合で会っても挨拶もしない。こんな人に誰も寄ってきませんし、協力しようとも思わないでしょう。

卓球に対する姿勢、謙虚さを忘れず練習に励んでくださいね。卓球の神様は、そんな真面目な人に幸運を引き寄せてくれます。

もっとも大切なこと


試合で勝つために練習を必死ですることは大切です。

しかし、もっと重要なことは卓球を通じて人間的に成長していくことです。

どれだけ真剣に卓球に打ち込めたか、どれだけ色んな人と出会い、大切な時間を過ごしたか。

そっちのほうが大事だと思います。

今あなたが学生なら尚更です。就職して仕事が忙しくなると、なかなか練習したり試合に出たりは出来ないでしょう。

卓球を通じて一秒一秒を大切にして欲しいんです。

さいごに


最後になりましたが、卓球は野球やサッカーと違って老人になっても出来る素晴らしい生涯スポーツです。

初心者の方は、基本練習を中心に謙虚さを忘れずに日々練習に励んでください。

日本の卓球レベルは、昔とは比べ物にならないくらい高くなっています。

近い将来、オリンピックや世界選手権で日本人が優勝することを願ってやみません。

【スポンサードリンク】