IMG_8335 [87246]

【スポンサードリンク】

好きなアーティストやキャラのポスターを手に入れたら、やはり見えるところに飾っておきたいですよね。

ですが、若い方などは賃貸の部屋に住んでいることも多く、簡単にポスターを貼ると壁が傷つくことがあります。

貼り方によってはポスター自体が傷つくこともありますし、引っ越しなどではがす時に破れることもあります。

壁が傷つかないような貼り方を考えても、なかなか上手くいきません。

そこで、この問題を解決する方法をお教えしましょう!

ポスターだけでなく、写真などの貼り方として応用もできるので、十分に活用してくださいね。

ピンを使う?

IMG_5244 [87233]

賃貸物件に住んでいる方が最も気にしているのは、壁や壁紙が傷つくことです。

そこで、ポスターにピンの穴ができても良いのであれば、ピンを使うという貼り方があります。

ですが、ピンを使う貼り方をすると、誰が考えても壁に穴が空くと思いますよね?

しかし、少し違います。使うピンは「ニンジャピン」という商品です。

このニンジャピンは、大手のネット通販サイトなどでも簡単に手に入ります。




しかも、宣伝文句は「賃貸物件でも使える」です。

それだけに効果は非常に大きいでしょう。

ニンジャピンの特徴は、通常のピンよりも先が細くなっていることです。

それだけ目立たないと言えます。

さらに、先はL字型になっているため、先が細くても抜けにくくなっています。

もちろん、通常のピンと比べてしまうと、折れたり、変形したりする危険性は高くなりますが、ポスターを貼りつけるには十分な力があります。

また、ピンを抜くと壁には穴ができますが、指でなでるだけで穴が分からなくなるという口コミが多くあります。

ですから、ポスターに穴が空いても良いというのであれば、このニンジャピンを試してみてくださいね。

カラーバリエーションも増えているので、部屋にピッタリのカラーが見つかると思いますよ!

ポスターが傷つかない貼り方は?

IMG_3515 [87234]

先程のニンジャピンは、壁の穴が小さくて目立ちませんし、指でなでると穴が分からなくなってしまうというメリットがありました。

ですが、ポスターには穴ができますよね。

では、ポスターが傷つかない貼り方はないのでしょうか?

いくつかの貼り方が考えられますが、最も良いと思われるのは「ニンジャピン」「クリップ」を使う方法です。

これは、ポスターの角などにクリップをつけて、そのクリップをニンジャピンで留めるという貼り方です。

この貼り方であれば、ポスターが傷つかないですよね。

ただし、クリップの跡は残ってしまう恐れがあるので、長期間貼っておく場合には適切ではないかも知れません。

ですが、賃貸に住んでいる場合は、これも楽で良いでしょうね。

額に入れると……?

IMG_9632 [87235]

ポスターが傷つかない貼り方としては、ポスター自体を額に入れて飾るという貼り方があります。

ポスターを額に入れているので、ポスターは傷つかないと言えます。

ですが、その額をどうやって飾るのかが問題ですよね。

額縁を飾るとなれば、ある程度の耐久性も必要になりますし、額縁の価格も高いため、上手くいかなかった時は痛い出費になりますよね。

ですから、額縁を台の上に置くなどして飾るのが良いでしょう。

賃貸物件に住んでいる間はこれで我慢するのが良いかも知れませんね。

厚紙とマスキングテープで

IMG_5591 [87236]

マスキングテープであれば、壁は傷つかないでしょう。

そこで、このマスキングテープを使う方法を推奨している方もいます。

マスキングテープを厚紙に貼りつけて、その厚紙の部分を使ってポスターを壁にくっつけていきます。

これならば、マスキングテープがポスターに貼りつかないように気をつけるだけで良いので、比較的簡単にできます。

ただし、端的に言えば、マスキングテープの圧力でポスターを壁に押しつけているだけなので、ポスターの重さで外れてしまうことがあります。

上下左右の4ヶ所を留めたとしても、完全とは言い難いかも知れませんね。

また、最近はカラフルなマスキングテープがありますが、端をキレイに切ったり、形を合わせたりする手間はかかります。

厚紙を貼りつけて、ポスターに貼りつかないような配慮の手間もかかるので、根気が必要な作業になるかも知れません。

100円均一の商品を活用する

IMG_2763 [87237]

面白い方法としては、100円均一の商品を活用する方法があります。

購入するのは「洗濯紐」です。

この紐を壁際に張って、そこにポスターを貼りつけていきます。ポスターにクリップをつけて、そのクリップを紐につける方法などが良いでしょう。

また、大きめの洗濯バサミやクリップで、洗濯紐に直接とめる方法もあります。

ポスター自体も傷つかないですし、壁なども傷つかない貼り方になります。

ただし、洗濯紐をどうやって固定するのかが問題になります。

賃貸の場合、間取りなども物件ごとに異なるので、一概にこうするのが良いとは言えません。

【スポンサードリンク】

カーテンレールなどが活用できれば良いのですが、それができない場合には難しくなります。

しかも、ポスターの上部だけしか固定されないため、エアコンの風などで揺れて落ちる恐れもあります。

難点はいくつかありますが、経費が安いので手軽に試せるところが魅力です。

100円均一の両面テープを使う

IMG_6237 [87238]

100円均一の商品にもありますが、貼ってはがせる両面テープを使う方法もあります。

もちろん、高価な物もありますが、普通に貼るだけであれば、100円均一の商品でも十分でしょう。

もし不安があれば、高価な物を買っておけば、商品によるバラつきもなく安心です。

また、両面テープを使う際でも、万が一のことを考えて、壁にはマスキングテープなどを貼っておくことが良いでしょう。

賃貸物件の場合は、念には念を入れておく方が安心ですからね!

壁に穴が空いてしまった時は?

IMG_0225 [87239]

ポスターの貼り方ではありませんが、壁に穴が空いて困っている時の対処も紹介しておきましょう。

ピンや画鋲などで壁に穴を作ってしまうこともありますよね。

賃貸物件の場合、注意していてもこのようなことはあります。

そこで、もし小さな穴ができた場合には、次の方法を試してみましょう。

必要な物は「紙粘土」です。

色も様々な物があるので、壁の色と同じ色の紙粘土をホームセンターなどで購入してきましょう。

手順は紙粘土を小さく千切っておき、穴に詰め込みます。

これだけで大丈夫です。模様がある場合などは、それっぽい形を適当につけておけば、注意深く見ない限りは見つかりませんよ。

詰め込む際には、針や爪楊枝などを活用しましょう。

ですが、あくまで応急処置という感じの方法です。

大きな穴には対応できません。

また、その補修がばれるかどうかは運もありますが、黙っておくのは良くないかも知れませんね。

1つくらいは良いでしょうが、いくつもあるようなら、正直に言うようにしましょうね!

「住宅のコンセントを増やしたい!」いくら増設の費用が必要なのか

まとめ

賃貸物件に住んでいる場合、やはり様々なことに気を遣うでしょう。

壁が傷つかないポスターの貼り方をいくつか紹介していますが、どの方法が良いのかは個人差があります。

できれば、色々と試してみて、自分に合う貼り方を選んでください。

個人的なおすすめは、両面テープを使う方法です。

100円均一の商品を使えば、費用もかからないので良いですよ!

もちろん、壁やポスターが傷つかないという保証はできませんけどね(^_^;)

【スポンサードリンク】