【スポンサードリンク】

IMG_1524[1497]


女性であれば、毎月悩まされる生理。

身体も心も不調になり、憂鬱な日々が続きますよね、、、

生理中だけでなく生理前に影響が出るという人も多いと思います。

あまりにもイライラがひどくて、感情をコントロールできないということもたくさんあると思います。

今回はそんな生理前のイライラや生理不順を抑える方法をご紹介いたします。


どうしてイライラするの?


IMG_1523[1499]

生理が始まる1.2週間前に体や心の不調が訪れる症状のことをPMSと呼びます。

PMSとは〝月経前症候群〟の略です。

なぜ、PMSが起こるのかというと生理前にはホルモンのバランスが大幅に乱れてしまうからなのです。

ホルモンの乱れだと言われたら、しょうがないなと思うかもしれませんが、きちんと軽減する方法があります。


ホルモンの乱れの原因とは?


ホルモンの乱れは誰にでも起こるものですが、感じ方はそれぞれあります。

その理由のひとつが精神的なものです。ストレスを多く抱えているとより強く不快感を感じたり、体調の不調に敏感になるようです。

性格や考え方などの精神的な面でも、ホルモンバランスの乱れの感じやすさが変わってくるようです。

真面目すぎたりきちんとしていたりする人ほど、敏感に感じてしまうとの結果が出ています。

また、生活面でも大きく影響があります。

栄養バランスの崩れた食事をしていたり、アルコールやカフェインを多く取っていたり、タバコを吸っているとホルモンバランスが乱れやすいようです。

体力が低下していると、ホルモンバランスの乱れからくる不調も強くなってしまうので、健康的な生活が求められます。


乱れたらどうすればいいの?


では、ホルモンバランスが乱れてしまった場合、イライラや不調は我慢すればいいのかといえば、そうでもありません。

改善策をいくつかご紹介します。

まずは、バランスのとれた食生活です。

先ほども述べたようにアルコールやカフェインを多く摂取してしまうと、ホルモンが乱れやすくなってしまいます。

そして、塩分が多く含まれる嗜好品をなるべく抑え、野菜や良質な脂などをバランスよく食べることが大事です。

不快なイライラだけでなく、体のむくみや緊張を抑えてくれる効果が期待できます。

また、PMSで不調を感じやすい方は体が冷えていることが多いため、代謝を良くして体を温めるのも有効です。

適度な運動をすることで身体の動きを活発にすることも効果的です。

運動不足で体が凝り固まっている場合はストレッチなどでほぐしてあげると、リラックス効果もあり一石二鳥です。


どうしてもイライラしてしまう場合は?


IMG_1522[1500]

しかし、ホルモンバランスからの不調とはいえ、ホルモンを整えるのにも限界がありますよね。

なんかイライラするな…と思いカレンダーを見たら、もうすぐ生理だと気づく場合もあると思います。

イライラを感じてしまった場合の対策を考えていきましょう。

まずはリラックスできる環境作りです。ぐっすり心地よく眠れていますか?

お気に入りのアロマをたいたり、好きな香りに囲まれて眠ったりするだけで随分とリラックスできます。

バスタイムの入浴剤を特別なものにしてみたり、ボディマッサージに時間をかけてみたり、リラックスタイムを自分で生み出すことも必要です。

そして、イライラしているときは余裕がなくなりがちです。

わけもなく辛くなったり、周りに当たったりしてしまいますよね?

そんなとき「自分は今月経前症候群なんだ、時期が過ぎればおさまるんだ」と自覚しておくだけでも随分と違います。

要は開きなおればいいのです。

開き直ることで、周りからの理解も得られやすくなります。そして、ストレス発散に向けて行動することができます。訳もなくイライラしているだけじゃ、余計悪化するだけです。

好きなことをして気分転換をしている時間はPMSのことを忘れることができる、という人も多いです。

ワガママだなと思われるかもしれませんが、幸せを感じるホルモンが少なくなっている脳は、わがままなんで言葉じゃ片付けられないのです。



毎月訪れる女性特有の悩みに『Dr’sピクノジェノール』


生理不順を治して心身ともに健康になろう!



突然ですが、自分の生理周期をご存知ですか?

女性なら、なんとなく把握しているものかと思います。

でも、なんとなくではいけません!

生理周期とは、あなたの身体の調子やこれからの女性としての生き方に、大きく関わってくるのです。

生理不順になっていた場合、トラブルが起こりやすくなってしまうのです。


【スポンサードリンク】



生理不順とはどんな状態?


生理不順を治す方法と言っても、そもそも生理不順とはいったいどんな状態を指すのかを知っておく必要があります。

生理は、だいたいの人が25〜38日の間を1つのサイクルとしてやってきます。

その周期を生理周期といい、その期間から外れて、生理が早く来たり遅く来たりしてしまう状態を生理不順と言います。


生理不順の影響や原因は?


IMG_5325[125]

生理が遅れていたり早く来たりすると、不安になりますよね。

ストレスになってしまうという心の影響の他に、身体にはどのような影響があるのでしょうか。

ホルモンバランスが乱れてしまい、めまいや体調不良が起こりやすくなります。身体がだるくなってしまい、落ち込みがちになってしまいます。

また、一時的な影響だけではなく、生理不順が続くことで妊娠しやすい時期が分からなくなり、妊活を行うことが困難になる場合も考えられます。

生理不順の原因として考えられるのは、様々あります。

ストレスや急激なダイエット、急激な体重増加などによるホルモンバランスの変化が一般的ですが、深刻な場合は女性特有の病気だということも考えられます。

日常生活に問題はなく、心身ともに健康なのに生理不順が続く場合は、一度婦人科を訪れてみることをおすすめします。


どうやったら治る?治療法は?


では、そんな生理不順は治るのでしょうか?

急に生理が来たり、いつ来るかわからずもやもやしたりするのはこりごりですよね。

生理不順が治る方法はもちろんあります。

まずは先ほど述べた原因を取り除くことが大切です。

生活が乱れでいる場合は整え、体重が急激に増えている場合は見つめ直す必要があります。

逆に無理なダイエットを行なっている場合は即刻中止し、身体に負担のない方法に切り替えなければなりません。

また、ストレスを軽減することも大切です。かと言って簡単に悩みの種がなくなるわけではないと思いますので、その場合は自分にあったストレス発散方法を見つけて、気分転換をすることが大事ですね。

原因を取り除いてもなお、生理不順が続く場合には、以下のことを試してみましょう。

まずは、身体を温めて体質改善をしてみましょう。冷え性だと気づかないところで身体に負担をかけてしまいがちです。特に女性二とっての冷えは天敵ですので、冷えを取って身体のリズムを良くしてあげます。

また、適度な運動も効果的ですので、運動する余裕がある方は運動してみてもいいですね。

次のステップとしては、ツボ押しです。耳裏や足首に、生理不順に効くツボがあるので自宅で習慣づけで押してみましょう。

パートナーがいる場合は、一緒に調べて手伝ってもらうとより効果的です。

整体師さんなどの専門家が取り扱っていることもあります。

そして、もう1つは薬に頼る方法です。漢方薬などで、生理不順をコントロールできるものが市販されています。薬局などでも購入できますし、産婦人科で処方を受けることも可能です。

女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。

これらのことは、すべて即効性があるわけではありませんが、病院にかかる前に試してみることができます。

治療法を試しているうちに、遅れていた生理がきた、なんてこともよくあることです。


まとめ


IMG_1525[1498]

いかがでしょうか!

憂鬱な生理前のイライラや生理不順を抑える方法をいくつか紹介しました。

現代人の多くはストレスを抱えており、身体に不調が現れるのも無理はないと思います。

また、生理が来ない!などと心配していると余計ストレスになってしまい、イライラや不順を悪化させてしまうことになります。

気にして悩み詰めるよりも、何か行動をしてみると、案外すっきりするかもしれません。

ぜひ、生理不順でお悩みの方は上記の治る方法を参考にして、正しい生理周期を取り戻してください。

また、生理前のイライラの対処法としては、まず中からホルモンバランスを整え、環境をリラックスできるものに変えることで軽減できます。

漢方薬などのお薬も処方されていますので、どうしてもイライラや不調が抑えられないという方は病院に相談してみるのも1つの手かもしれません。

しかしストレスはやはり1番の敵ですので、ストレスフリーな生活を送るようにここよがけてくださいね!

【スポンサードリンク】