【スポンサードリンク】

妊娠中は、様々な疾病に注意しておく必要があります。

妊娠高血圧症候群が有名ですが、実は妊娠糖尿病にも注意が必要です。

しかも、この妊娠糖尿病は産後にも治らないというウワサがあります。これは本当なのでしょうか?

実際、妊娠中に罹患する病気はたくさんあります。ですが、全てを理解していない妊婦さんもいます。それでは不安なだけですよね。

そこで、ここでは妊娠糖尿病について詳細に解説します。

妊娠糖尿病の正しい知識を身につけて、産後に妊娠糖尿病が治らないのは本当なのか、どうすれば良いのかを自分で確認しておきましょう。

妊娠糖尿病とは?

IMG_1788 [239995]

妊娠糖尿病という病気は、実は妊娠した後で判明する「糖代謝異常」のことを言います。

そのため、妊娠していない方がこちらの病気になることはありません。

また、妊娠する以前から、既往症として「糖尿病」であった方は、この病気には含まれることはありません。

そして、医師の診断の結果が「明白な糖尿病」であった方も含まれることはありません。

つまり、糖尿病になっていなかった方がなる病気ということです。

しかも、出産後に病状が改善する方もいれば、改善しないまま「糖尿病になる方もいる」ので、かなり注意しておく方が良いでしょう。

また、妊娠糖尿病に罹患する方の割合は「約1割」と言われています。

もちろん、糖尿病になってしまっていた方、明白な糖尿病と診断をされてしまった方を除外した上での数字です。

ですから、健康だと思っている方でも妊娠した時には、約1割が妊娠糖尿病になると思っておきましょう。

妊娠糖尿病の原因は?

IMG_9325 [239994]

妊娠糖尿病になってしまった方には、必ず担当医から説明してもらえますが、妊娠糖尿病の主な原因は一般的な糖尿病と異なります。

つまり、一般の糖尿病のように「生活習慣」などは無関係ということになります。

では、妊娠糖尿病の原因は何でしょうか?

妊娠糖尿病の原因とされているのは、ホルモンバランスの影響です。

妊娠中には、それまでのホルモンバランスに変化が表れます。その影響下にあるため、今までのように糖を分解することができなくなってしまうことで妊娠糖尿病となります。

妊娠前には、膵臓から分泌されている「インスリン」により、糖の分解が十分に行われてエネルギーが生成されています。

ですが、妊娠してしまうと、胎児に栄養を与える必要があるため、胎盤が必要になります。

この胎盤はインスリンの正常な働きを阻害するような物質を分泌してしまうため、インスリンの働きが弱くなってしまいます。

同時にインスリンを破壊する機能を持つ酵素も生成されるため、インスリンは妊娠前よりも多い分量が必要になります。

そこで、インスリンが不足状態になれば、血糖値が上昇して「妊娠糖尿病」と診断されることになるのです。


妊婦さんの糖尿病対策サプリはこちら↓




つまり、妊娠中に「インスリンの機能が低下する」ことが原因ですので、その機能が正常に保たれている場合には妊娠糖尿病になることはないと言えます。

また、出産後は「胎盤ははがれ落ちて体外へ排出される」ことになります。

その結果、インスリンの働きを阻害する原因がなくなるため、一般的には妊娠糖尿病の症状は改善するはずなのです。

【スポンサードリンク】

妊娠糖尿病は治らない?

IMG_9909 [123768]

ですが、妊娠糖尿病は治らないという方がいます。これはどういうことなのでしょうか?

実際、妊娠糖尿病になった方でも症状は個人差があります。

症状が重い場合には「糖尿病」と診断されてしまう恐れもありますし、症状が軽度の方は「出産後に改善する」可能性も十分にあります。

そのため、一概に妊娠糖尿病が「治る」とか「治らない」などと言うことはできません。

個人差があるため、出産後になってみないと分からないということになります。

また、既に解説したように、胎盤が排出されてしまえば、インスリンの働きが阻害されなくなるため、多くの方の症状は改善するはずです。

ですが、改善しない場合もあります。そこには共通点があるので、その共通点を以下に示してみます。

1. 気づかない間に糖尿病になっていた。


2. 妊娠中に糖尿病になっていた。

3. 妊娠以外の病巣が原因となっている。


このようなことがあります。

1については、妊娠糖尿病が改善しない方の多くが当てはまります。

特に自覚症状がない初期段階などの糖尿病の場合、妊娠が切っ掛けになって糖尿病であることが判明するということもあります。

その場合、出産後に妊娠糖尿病が治らないのではなく、初めから糖尿病だったということになります。

2については、妊娠している間の生活習慣が原因となってしまっている場合が多くあります。

妊娠中は運動不足にもなりやすいですし、生活習慣が原因で糖尿病になってしまう方と同じ構図で、妊娠中に糖尿病を発症してしまっていたというケースが相当します。

出産後に妊娠糖尿病が治らないのではなく、糖尿病になってしまっているのです。

3については、膵臓の異常などが原因となります。

例えば、膵臓に何らかの病気があれば、その病気が糖尿病の原因となるので、出産後にも妊娠糖尿病が治らないということになるのです。

このように見ていくと、やはり妊娠糖尿病が治らない方もいるということが分かります。

もちろん、全ての方が治らないとは言えませんが、妊娠糖尿病になった方は、出産後に糖尿病になるリスクも高いので、十分に注意しておく方が良いでしょう。

妊娠糖尿病になると……

IMG_0354 [239712]

妊娠糖尿病になった方は、出産後に症状が改善しても、将来的なリスクが回避できる訳ではありません。

その点では「治らない」と言えるのかも知れません。

実は「一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会」が発表したデータに、次のような物があります。

妊娠糖尿病になった方の出産後を調査すると、半年後には5.4%が糖尿病と診断されています。

さらに、出産後1年までに糖尿病になる頻度の調査では、およそ「2.6~38%」という結果が出ています。

また、将来的に糖尿病になる恐れを調査すると、実に正常な妊婦の「約7.4倍」という結果になったようです。

この結果から、妊娠糖尿病になった方は将来的に糖尿病になってしまうリスクが高いということが分かりますし、早期に対策を講じておくべきであることが分かるでしょう。

つまり、妊娠糖尿病になる方は「糖尿病になりやすい方」と言えますし、将来的に「糖尿病になるかも知れない方」ということも言えるのです。

妊娠糖尿病にならないためには?

IMG_1134 [123769]

実は妊娠糖尿病になった方の子供は、同じように妊娠糖尿病になる恐れがあるということも分かっています。

そのため、妊娠糖尿病にならないようにしておくのが良いでしょう。

最も良い対策としては、妊娠中のみならず、栄養のバランスを十分に考えた食事を取るようにして、運動不足にならないようにも気を配っておくことです。

これは糖尿病にならないためにも良いことなので、男性も心がけておきたいことですね。

また、食べ過ぎてしまうのはダメですが、出産後の子育てでは母乳を与えることが、生まれた子供の妊娠糖尿病を予防するために効果的という研究結果がありますので、女の子が生まれた場合には母乳を与えられるようにしておきましょう。

また、妊娠糖尿病になる恐れがあることも理解しておきましょう。特に注意しておきたいのは、次のような方です。

・家系に糖尿病の方がいる。

・肥満体型。

・高齢出産の方。

このような方は特に注意が必要です。妊娠糖尿病になるかも知れないと思って、血糖値に注意したり、妊娠中の方は医師に相談したりしましょう。

何が理由なの?育児放棄をしてしまう原因とは

まとめ

妊娠糖尿病は治らないということはありません。

出産後には症状が改善することもありますが、将来的には糖尿病になるリスクは高いと言えます。

ですから、妊娠糖尿病になった時には、将来的なリスクを抑えるためにも、運動を心がけたり、バランスの取れた食生活を送ったりするようにしましょう。

【スポンサードリンク】