【スポンサードリンク】

IMG_9262 [235174]

会社に使われている間は、頑張っても給料が上がらないで悩むこともありますよね。


ですが、個人事業主(フリーランス)になると、頑張った分だけ給料として手に入る金額は大きくなりますが、それだけ「税金」を払う必要があるので、結局は悩むことになります。


しかし、上手に節税できるとしたら、個人事業主の方がずっと得とは思いませんか?


会社に使われると、ストレスも溜まりますし、自由にならないこともたくさんあります。


個人事業主として事業を開始すれば、自分の思い通りに仕事を進められますし、嫌な上司からストレスを受けることもありません。


その上、上手に節税できれば、給料も増えて良いことばかりです。


そこで、個人事業主が節税するための裏ワザを大公開します。


節税の裏ワザを知るだけでも、個人事業主として仕事を始めたくなるかも知れませんよ!





【基本的には青色申告】


IMG_2082 [182928]

個人事業主の場合、一般の企業に勤めている方と違って「確定申告」を行う必要があります。


そこでは、白色申告と青色申告がありますが、どちらで確定申告を行っていますか?


基本的には「青色申告」で確定申告を行うと、65万円までの特別控除が認められているなど、最低限の節税ができることになります。


この程度のことは基本中の基本ですから、確定申告を青色申告で行っていない方は、まずは「青色申告」で確定申告を行うことから始めてみましょう。


青色申告と白色申告の詳細な違いなどは、別にまとめた記事があります。そちらを参照してもらうと良いでしょう。


青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリットなど、誰にでも分かるように解説しています。


青色申告をしたことがなくても、これを読めば青色申告をしたくなるようなメリットも紹介しているので、是非とも参考にしてください。


参考URL:http://tomodamakoto.com/sinkoku



【経費の扱いを考えると?】


IMG_5849 [37584]

個人事業主の場合、企業と違って「経費」の定義が少しだけ曖昧になります。


例えば「これ、本当に経費なの?」と思うような物が、経費でまかり通ることもあります。


つまり、経費をどのくらい上手に計上できるかが、節税の一つのポイントになります。


上手に考えると、今までは経費にしていなかった物も経費にすることができて、節税の裏ワザが身につくかも知れませんよ。


個人事業主の場合、所得として認められる額は次のような計算式で導かれます。


・所得=売り上げ-経費


この単純な計算式から考えると、誰が考えても経費を多くすることで所得を少なくすることができます。


所得が少なくなれば、それだけ税金も少なくなるため、節税になる訳ですね。とても単純な構造ですが、ここは一番大切なところとも言えます。


シッカリと押さえて、節税の裏ワザを実践しましょうね。


さて、そこで大切なのは経費に認められる物にはどのような物があるのかですね。個人事業主の場合、事業に必要となる物は全て経費であると考えられます。


つまり、何かを買っても、それが事業をする上で必要であると結びつけることが可能であれば、それが経費であると認められてしまいます。


それにより、所得の額が少なくなるので、節税の裏ワザになるのです。


ですが、注意も必要です。個人事業主は、多くが経費と認められる可能性がある一方で、どの程度仕事で活用しているかで経費と認められる割合が変動します。


最も良い例は「自動車」でしょうね。


個人事業主が自動車を購入した場合を考えてみます。もちろん、仕事で自動車が必要になる場面は多々あるでしょう。


その一方で、個人的に自動車に乗って出かけるなど、仕事とは無関係な場面でも使います。その割合がどれくらいであるかによって、経費がどの程度認められるのかが決まります。


つまり、仕事で頻繁に自動車を使う場合は経費として多く計上できますが、ほとんど使わないようでは経費と認められない恐れもあるのです。


そのため、期待し過ぎない程度に経費とすることが良いですよ。そして、少しでも仕事で活用する場面があるような物は、全て経費に入れてみることが良いでしょう。


工夫次第で、様々な物を経費として計上することが可能になります。これだけでも節税の裏ワザとしては、かなりの額になりますよ。



【自宅兼仕事場の場合は?】


IMG_0239 [63235]

個人事業主の場合、自宅兼仕事場という方も少なくありません。例えば、ネット関連ビジネスに従事している方などは、多くは自宅で仕事をしていますからね。


そのような場合には、光熱費や家賃なども経費になります。家にいれば、電気も使いますし、水道やガスを使うこともありますからね。


これらは仕事上で必要と考えれば、経費になります。これらも上手に経費にすることが節税の裏ワザです。


面倒な計算もありますが、可能な限りの経費を作りましょう。


ですが、ここでも割合は重要になります。仕事を自宅でどれくらいしているのか?これが大切になります。


全ての業務を自宅でしていても、仕事をしていない時間帯も必ずありますよね?すると、仕事をしていない時間は、プライベートです。その時間の光熱費や家賃は経費とはできません。


そこで、仕事に使っている部屋の広さが家全体に占める割合を考えて、経費を考えると良いでしょう。


ワンルームなどの場合は、8時間労働ならば24時間の30%が業務時間なので、家賃の30%が経費と考えるのが良いでしょうね。


ただし、仕事部屋を借りている場合は、そこがオフィスと同等なので全額経費と考えられます。


同様に考えると、自宅にある家電についても経費として計上することが可能な物が出てきますよね。


例えば、パソコンなどは仕事に必要ですから、確実に経費になりますし、テレビで芸能人の情報を集めている場合などは、テレビも経費と考えることができますよね。


このように、少しでも仕事に使っていると説明できる物があれば、全て経費と考えておきましょう。


節税の裏ワザとしては、経費をとにかく増やすことが第一歩ですよ。


【スポンサードリンク】



【自己投資も節税の裏ワザに】


tomodamakoto

例えば、資格取得のために必要な費用は「自己投資」です。


一般的な会社員の場合、自己投資は、あくまで自分のために使う費用であり、会社が出してくれることはありません。


ただし、仕事で必要になる資格であれば別です。クレーンの運転士などは会社で資格を取らせる場合もありますからね。


それと同様で、個人事業主の仕事に必要な資格取得であれば、それは経費と考えても良いという訳です。


自己投資の費用であっても、個人事業主であれば節税の裏ワザにしてしまいましょう。


もちろん、資格試験に必要な費用だけではありません。勉強のために必要な専門書にも費用を支払っていますし、情報商材などでも仕事で使うなら、それは必要な経費ですよね。


資格取得に限らず、セミナーに参加して勉強する機会があれば、そこに参加するために使った領収書の額は全て経費になります。


同じ観点から、旅行に行く時も「研修」として勉強することを定義しておけば、それも経費になります。


分かりにくいのであれば、口実として「ビジネスパートナーに会うため」というのも良いでしょう。


ネットビジネスをしている方は、遠方に住む人と一緒にビジネスを行うこともあります。その方に会うために行くのであれば、立派な業務です。


その方とビジネスをするのであれば、旅行が仕事になりますからね。口実に不安があれば、事業用の資料を準備して、仕事をしたということが分かるようにしておけば問題ないですよ。


節税のためですから、多少は努力をして、十分な計画をしておくことも裏ワザには欠かせません。



【福利厚生費と交際費】


IMG_2534 [15377]

福利厚生費の場合、個人事業主の中でも「従業員」がいることが条件になります。


もちろん、福利厚生の定義が「従業員に対する非金銭報酬」だからです。


従業員の家族なども定義では含むので、全員に等しく出していれば、それが福利厚生費として認められることも十分にあります。


しかも、福利厚生費として認められる物には特別な定義もないので、これで作業効率が上昇すると断言すれば、それが福利厚生費になります。


どこかに宿泊しても良いですし、イベントなどに出かけてもOKです。上手に節税に活用しましょう。


交際費も考え方次第で幅広く節税に活用できます。裏ワザというにはメジャーな存在ですが、考え方を変えてみましょう。


特に個人事業主の場合は、ほとんどの飲食費が対象になるので、ここを上手く活用すれば節税になります。


交際費とするためにはいくつかの注意点があります。


それは


「誰かと会うこと」

「ビジネスについて会話すること」

「自ら全額の支払いをすること」


この3つを押さえておけば、交際費と認められます。


チェーン店で昼食を食べただけでも、交際費となるのですから、大きな節税ですよね。自炊するのがバカらしくなるくらいです。



【まとめ】


個人事業主の節税方法には様々なやり方があります。


ここで紹介した「経費」「福利厚生費」「交際費」など以外にも、国民健康保険から「文芸美術国民健康保険組合」に変えると、安くすることができる場合もありますからね。


要件を満たしている方は検討してみるのも良いかも知れませんね。


ですが、いくら節税を考えても、税務署に認められなければ意味がありません。


税理士を通すことで税務署に認められやすくなると言えるので、不安がある時は地元の税理士に相談してみるのが良いですよ。


かなり効率的に節税のアドバイスをしてくれますからね。

【スポンサードリンク】