年末年始が近づいてきましたね!

忘年会や新年会、人によっては連日飲み会続きの場合もありますよね。

食べすぎや飲みすぎで胃腸の調子が今一つ…

今回は、胃が荒れる原因を知って、胃痛や胸やけの適切な対処法をご紹介します!

【スポンサードリンク】

胃の持つ役割とは?

IMG_4577 [633982]

胃の働きは大きく分けて3つあります。

1つ目は食べ物を消化すること。腸で本格的に消化、吸収される前に一旦消化を行います。

2つ目は食べ物を貯めておき、腸での消化状況に合わせて送り出すこと。

3つ目は胃自体を守ること。胃酸によって胃壁が傷つけられないよう粘液で保護します。

胃は栄養素を体内に取り込むために重要な役割を果たす反面、とても神経質です。

ちょっとした生活の乱れや、精神面の変化で不調が現れやすい臓器と言えます。

胃が荒れる原因

IMG_4574 [633981]

胃の代表的な症状に「胃もたれ」があります。

食べ過ぎや、消化に時間がかかる脂肪分を摂りすぎることで胃の負担が大きくなるためです。

また、加齢などによって胃の消化機能や、食べ物を腸に送り出す筋力が低下し、胃に長時間留まることが胃もたれの原因の場合も。

ストレスによる胃痛

IMG_6320 [67138]

ストレスなどによって、胃の働きをコントロールする自律神経のバランスが乱れることが胃痛や胸やけの原因になります。

ストレスや生活の乱れにより、胃酸の分泌量が増加するのです。

また、喫煙によって血管が収縮し、胃への血流が不足すると胃粘液の量が不足します。

そうなると、出すぎた胃酸によって胃粘液が傷つけられ、痛みや胸やけが起こります。

胃で十分に消化が行われないと、腸の負担が大きくなり下痢の原因になります。

胃の荒れを予防するには?

IMG_6583 [51950]

胃の不調を予防するには以下の事に気をつけましょう。

・食べ過ぎない

・よく噛んで食べる

・脂っこいものを控える

・刺激物、お酒を控える

胃に負担をかけないよう、暴飲暴食を避けて腹八分目を心がけましょう。

よく噛むことによって胃の負担が軽減され、消化の助けになります。唾液には糖や脂肪を分解する酵素が含まれているので、よく噛んで唾液を促すことがポイントです。

脂肪は消化に時間がかり、胃腸の負担になるので、なるべく避けましょう。

香辛料や炭酸、アルコールの摂りすぎは胃の粘膜を刺激し、傷つける原因になります。

【スポンサードリンク】

生活習慣で気をつけることは?

IMG_4578 [636180]

ストレスはなるべく溜めず、リラックスできる環境づくりを心がけましょう。

寝る前の食事は消化を妨げ、胃に負担をかけるのでやめましょう。

また、適度な運動をすることで血行を促進し、胃の筋肉の働きや、胃液の分泌を促すことで消化機能が高まります。

積極的に運動をしましょう!

困った..正月太りが戻らない!手っ取りばやい解消法はないの?

まとめ

年末年始は、なにかと飲んだり食事する機会が多いですよね。

ちょっと浮かれ気分になって、暴飲暴食しがちになってしまいます。

お気持ちは分かりますが、胃腸を休めてあげる事も大切です。

また、正月太りの原因にもなるので自己管理をしっかりしましょうね!

「お腹が苦しい」食べ過ぎから解放されるための方法とは!?

【スポンサードリンク】