【スポンサードリンク】


もうすぐお正月がやってきますね!お正月といえば、お年玉です。


子供にとってはお楽しみ、大人にとっては苦しみのお年玉…(笑)


でも、みんな子供の時には楽しみだったのですから、大人になった今、子供たちに楽しみを与えてあげましょう。


ただ、悩むのがその金額です。少なすぎると「ケチくさっ」と思われカッコ悪いですし、多ければ多いで、やりすぎになり相手の親を恐縮させてしまいます。


そこで今回は、いくらが妥当なのか?


お年玉の年齢別の相場についてご紹介します!





渡す相手によって変わるお年玉相場


年齢だけでなく、渡す相手によってもお年玉の相場は変わってきます。


自分の子供なのか?親戚の子供なのか?友人、知人の子供なのか?渡す相手によって、大なり小なり、金額の差が生じます。


【赤ちゃん(0~3歳)】

赤ちゃんの場合、自分の子供、友人、知人の子供には、お年玉はあげない人が多いようです。

あげても、500~1000円程度のお菓子やおもちゃ程度。

親戚の子供の場合、つきあいによってやったり、やらなかったりしているようです。金額は1000円程度です。



【未就学児(3~6歳)】

小学校に上がる前の未就学児だと、自分の子供、親戚の子供、友人、知人の子供ともに1000円が多いようです。

お金ではなく、500円~1000円程度のお菓子、おもちゃの場合もあるようです。

まだ、お金よりお菓子、おもちゃで喜ぶ年頃ですもんね。



【小学校低学年】

小学校1~3年生の低学年のうちは、自分の子供は1000~3000円、中でも2000円が多いようです。

親戚の子供は1000~2000円、友人、知人の子供は1000円が多いようです。



【小学校高学年】

小学校4~6年生の高学年になると、自分の子供で3000~5000円、3000円が主流ではあるようです。

親戚の子供で3000円、友人、知人の子供で2000円のようです。

小学校高学年ともなると、自分でおこづかいの管理をするのが、当たり前になってくるので全体的に金額がUPしてきます。



【中学生】

中学生ともなると、自分の子供は5000円、多いお宅では10,000円もいらっしゃるようですが、相場は5000円です。

親戚の子供も5000円が相場のようです。

友人、知人の子供で3000円が相場のようです。小学校から比べると、ぐっと上がってきますね。



【高校生】

高校生は、自分の子供で10,000円、親戚の子供で5000~10,000円、友人、知人の子供で、5000円が相場のようです。

中学生からすると、さらにポンと上がります。



【大学生】

大学生は、もらえるかどうかの分かれ道です。

自分の子供で10,000円、親戚の子供であげる家とあげない家があり、あげる家でも10,000円が相場です。

友人、近所の子供に関してはほとんどのお宅で、あげないようです。

もうアルバイトをして、自分で自分のおこづかいを稼いでいる人が多いから、あげないというお宅が多いようです。



【社会人】

社会人ともなると、もはやもらう方からあげる立場になるので、自分の子供、親戚の子供、友人、知人の子供ともにあげないお宅がほとんどです。

自分の子供だけにはあげるというお宅もあるようですが、それでも10,000円ということです。



【親】

自分の親にはどうでしょう?年金生活の親にはあげるという人も多いようですが、この場合は、気持ちであげるので、金額に差があり、相場】というのはないようです。


【スポンサードリンク】



地域、親戚、友人同士のルールもある


IMG_9116 [455007]

地域によっても、お年玉の相場に違いがあるようですので、地域での確認も必要です。


ご紹介したのは、あくまで全国的にみた相場として参考にしてください。


また、親戚や友人で、お互いに同世代の子供を持っていると、行って来いの取り決めをしていて、お互いにやらないルールになっている場合もあるんだそうです。


その場合は、ちょっと子供がかわいそうな気もしますが、取り決め通りにしなくてはいけないでしょう。



まとめ


お年玉の相場についてご紹介してきましたが、これらはあくまで全国的にみた相場として捉えてください。


地域やつきあいによって金額も変わってくると思いますので、これらを目安にあとはご自身で判断していただくと幸いです。


最後に、もう1度お年玉がもらえる年に戻りたいと思うのは私だけでしょうか?(笑)

【スポンサードリンク】