【スポンサードリンク】

IMG_1559[1515]


体型にお悩みの皆さん、身体の部位で気になる部分はさまざまだと思います。


そのなかでも、大多数の悩める女性が「お腹のお肉が胸にいけばいいのになぁ…」と考えたことがあるのではないのでしょうか?


実際に脂肪の移動はできませんが、ぷよぷよのお腹の脂肪が落ちる方法だけでもあれば試してみたいですよね。


今日はまるでお相撲さんのようなお腹の脂肪を落とす方法を3つ、ピックアップしてお届けします!


食事制限で無駄な脂肪を落とす!


IMG_1556[1518]

お腹にたまった脂肪…それはいままで自分が食べてきたものを消費できていない分だと考えてください。


たくさん食べてカロリーを摂取しても、充分な運動で消費できていたら、お腹にお肉は付いていないはず。


お腹にお肉がついているということは余分な食事をしているということです。


しかし、食事制限で怖いのはリバウンドですよね?


美味しいご飯を制限しても続かないし、結局お腹は空いてしまうものです。


ですので、リバウンドしないためにも満腹感を感じながら食事制限をすることが重要です。


つまり、食べる量をそのままに、食べる内容を変える「置き換えダイエット」が理想だと言えます。


置き換えの方法はさまざまですが、1番のおすすめを例としてあげると、炭水化物を緑の野菜に換えることが効果的です。


お碗一杯のごはんを、キャベツの千切りや山盛りブロッコリーに変えるのです。


おかずも食べられるし、野菜も摂れてお腹いっぱいになります。


置き換えることで摂取カロリーや糖質量がぐんと下がり、自然とお腹のお肉も落ちていきます。


これが食事制限でリバウンドなくお腹の脂肪を落とす方法です。


【スポンサードリンク】



インナーマッスルを鍛えてひきしめる!


次に、食事制限はしない!できない!という方におすすめなのが腹筋を鍛えることです。


身体の内側を鍛えることで引き締めて、お腹の脂肪を落とします。


と言っても、ただ腹筋の数をこなせばいいのかと言えば、そうでもありません。


脂肪のついたお腹を鍛えるためには、2つのことを並行してしなければなりません。


1つ目は、純粋にお腹の筋肉を鍛えて筋肉量を増やすこと。


2つ目は、有酸素運動で今ある脂肪を落とすことです。


この2つを並行しなければ、筋肉は育ちません。そして、必ず1→2の順番で行うことが大切です。


ランニングしたあとの腹筋ではなく、腹筋したあとのランニングにしてください。


そうすることで筋トレ、有酸素運動両方が効果的に身体に現れます。


また、有酸素運動は必ず20分以上を1セットとしてください。短い時間では脂肪は燃焼されません。


腹筋を鍛えるにあたっては、毎日ではなく2日起きを推奨します。


筋肉は休んでいる時に引き締まり、大きく育つからです。


はじめは筋肉痛に悩まされるかもしれませんが、それがインナーマッスルが鍛えられている証拠です!


次第にお腹がへこんでくる感覚を感じることができるはずです。


プロの技術に任せて脂肪を落とそう!


IMG_1495[1495]

最後は、人の手を借りる方法です。別に楽をしろというわけではなく、現代技術の力はとてもすごく、おすすめだからです。


様々なエステや医療サロンで、脂肪を落とす施術が行われています。


キャビテーションやEMS、ラジオ波などのマシンを使って脂肪溶解・燃焼させる方法や、リンパやコルギなどのマッサージや整体で体型を変えていく方法があります。


体験などのプログラムも豊富にあり、自分にあった施術やサロンを選ぶことも容易にできます。


わたしもいくつか試しましたが、どれも効果的で魅力的でした!

エステ体験コース(980円~)も大人気!!




自分へのご褒美に、リラックスも兼ねて綺麗になるというのも検討してみるのもいいかもしれませんね。


まとめ


脂肪の中でも特に憎いお腹の脂肪ですが、落とす方法を3つ紹介させていただきました。


薄着になるとごまかしが効かなくなってきますので、お相撲さんに間違えられる前に、お腹の脂肪を落としてしまいましょう!


当たり前ですが、どれも1日や2日試すだけでは効果は出ません。


根拠よく、ぺたんこお腹を目標にして続けていってみてくださいね!

【スポンサードリンク】