IMG_4834 [57032]

竜巻と言えば、日本ではあまり馴染みがありませんでした。


稀に発生しても、ごく小規模な竜巻で、被害が出るようなことはありませんでした。


ですが、異常気象を始め、近年は気象も大きく変化しています。 そのため、日本でも多くの竜巻被害が出てしまうなど、ニュース速報にも注意しなければならなくなっています。


多くの方が「竜巻注意報」が出た時に竜巻を意識すると思いますが、実際にはどのような対処法をしていますか?


何となく……過ごしている方もいるでしょう。


日本では竜巻の被害が多くなっているのに、意外と竜巻注意報が出た時の対処法は分からないという方ばかりなのです。


ですから、ここではニュース速報で竜巻注意報が出た時にはどうするべきか、その対処法を学んでおきましょう!



【スポンサードリンク】


【竜巻注意報の前に……】


竜巻注意報(ニュース速報)は、有効な時間が決まっています。


竜巻注意報が出た時には、そこから1時間は竜巻が起こる恐れがあるため、注意しておく必要があります。


つまり、1時間限定の注意報とも言えます。もちろん、時間が過ぎても、空の様子によっては竜巻が発生する恐れは十分にあります。


ですから、少なくとも1時間は要注意と覚えておきましょう。


しかしながら、竜巻注意報については、それが出されるまでの間にいくつかの段階があると言えます。


例えば、天気予報などで「竜巻など、激しい突風が吹く恐れがあるので……」


というフレーズを聞いたことがないでしょうか? これは、急に突風が吹く恐れがあるので、注意しておいてくださいということです。


竜巻が発生する恐れもありますし、後々の天気変化を考えて、前もって竜巻に関する注意を促しておくという意味合いもあります。


さらに、ここから1日程度は「竜巻」が発生する恐れがあるとも言えます。


この観点から、竜巻注意報の前に、このフレーズを聞くことがあると言えます。


この段階では一定の余裕もあります。ですから、この瞬間から対策を講じておけば、手遅れにならないで良いでしょう。




【雷注意報の内容にも注意が必要?】


IMG_9479 [57039]

雷注意報の中には、特に「竜巻」と明記されている場合があります。


この場合、半日程度は竜巻が発生する恐れがあると思っておきましょう。


もちろん、雷注意報と言っても、内容は竜巻に関する注意情報です。


ですから、ちゃんと竜巻のことを認識して準備するべきでしょう。


多少の余裕はあると言えますが、竜巻には警戒しておかなければなりません。


不要不急の外出を控えるなど、いつ竜巻が発生しても対応できるようにしておきましょう。




【実際に竜巻注意報が出た時は?】


竜巻注意報(ニュース速報)が出た時は、今すぐに竜巻が発生してもおかしくない状況と言えます。


また、前述しているように、竜巻注意報は1時間程度の短時間に竜巻が発生する場合に出されます。


そのため、何らかの対策を講じる余裕はないと言えます。 まずは、自分の身を守る対策を取ることが大切です。


そして、家族や周りにいる人の安全を確保することです。


もちろん、危険な場所から離れるなど、適切な対処法を取るようにしましょう。


ただし、竜巻はごく狭い範囲で発生します。 自分がいる地域と言われても、全く天候の変化を感じられないこともあります。


また、何もないのに避難して、避難した先で竜巻に遭遇する恐れもあります。


ですから、竜巻注意報の時は、まずは落ち着いて、空の様子を確認することが大切です。



【スポンサードリンク】



【竜巻の前兆と対処法(屋外編)】


IMG_8547 [57040]

ここからは、竜巻の前兆を紹介します。


それに対して、どんな対処法が良いのかも説明しますので、それを覚えておきましょう。


まずは、空の様子をよく確認することで竜巻の前兆が分かると言えます。


突風が吹く恐れがあるという段階から、空を見ておくことは基本となります。


空の様子が急激に変化するなど、竜巻の前兆と思われる変化があれば、キチンとした対策を講じる必要があるからです。


竜巻の前兆と言われる物には、次のような物があります。




・雹が降る。

・風が冷たくなる。

・黒々とした雲が迫って来て、空が真っ暗になる。

・雷鳴が響く。 ・土などの臭いがしてくる。

・気圧変化によって、耳に違和感が出る。


多くは空を見ることで分かります。


また、肌で感じられる変化もありますので、このような状況になった時には、すぐに対処するべきです。


外出先でこのような変化を感じたら、頑丈な建物に入ったり、建物のすき間などで身を屈めたりしましょう。


また、樹木や電柱などは倒れることがあるため、離れましょう。


物置やプレハブなどは飛ばされやすいため、避難先としては適切ではありません。


鉄筋コンクリート造りの公的な建物などが良いと言えます。


周りに建物がない時などは、地面にある窪地などに身を隠す方法もあります。


この際には、首を守るような態勢になりましょう。


首からの出血は命取りとなってしまうため、このような態勢が良いとされています。




【竜巻の対処法(屋内編)】


IMG_4569 [57042]

屋内にいても、竜巻の前兆は同じです。


ですが、前兆を感じるために窓を開けるのは危険と言えます。


特に風が強くなると、窓を閉めることが難しくなる場合があります。


すると、実際に竜巻に襲われた時、その被害が大きくなってしまうので、窓は早い段階で閉めておく方が良いでしょう。


シャッターや雨戸があれば、同様に閉めておきます。


できれば、突風が吹く恐れがあると言われた段階で、これらの対処法は講じておきましょう。


窓を閉めた後は、カーテンや障子も閉めます。


雨戸などがない時には、ガラスが飛散してしまう恐れがあります。


万が一の場合に、カーテンや障子があれば、より安全になります。


屋内では、2階よりも1階の方が安全とされています。


これは屋根が飛んでしまうことが懸念されるからです。 アメリカなどでは地下室に避難するケースもあります。


もし地下室があれば、その方がより安全と言えます。 隠れる場合は、狭い場所が良いと言えます。


対処法として推奨されるのは、風呂場やトイレです。


こちらは狭い空間で壁に囲まれていて、家の中では比較的丈夫で窓がない(窓が小さい)と言えるからです。


また、布団にくるまっておくという方法も推奨されています。布団が全身を守ってくれるからです。




【まとめ】


竜巻注意報が出た時には、すぐに竜巻が発生する恐れがあります。


適切な対処法を知っておいて、ちゃんと対処しましょう。


また、自分だけは大丈夫と思わずに、常に気をつけておく必要があります。


対処法はいくつかありますが、必ず無事でいられる保証はありません。


想定以上の強さの竜巻であれば、屋内で隠れていても建物ごと飛ばされる恐れもあります。


ですが、対処法を知っておくのと知らないのでは全く違いますよね。


常に万が一や最悪の状況を想定して動けるかどうか、これが大切ですよね!

【スポンサードリンク】