IMG_7089 [45991]

誰かに好きと言われるのは、決して悪い気はしないものです。


ですが、それが職場の男性だった場合、少し気まずいかも知れません。


好きであればまだしも、相手の男性に興味がなかった場合には、どうやって断ったら良いのか、やはり悩むと思います。


できれば、さりげなく断る方が良いのですが、中途半端も良くないですよね。


そこで色々と考えていると、時間だけが経ってしまって、返事をしにくくなってしまうこともあります。


そこで、職場の男性が告白してきた時に、さりげなく断るコツをお教えしましょう。


知っておけば、どこかで役に立つかも知れませんね!


【スポンサードリンク】



【断り方は、相手によって変えよう】


職場の男性に限らず、告白されても断りたいことはありますよね。


もちろん、相手の男性がタイプではないこともありますし、付き合っている男性がいることもありますよね。


どのような場合にしても、やんわり断ることが最も良いと言えます。


毅然とした態度で、キッパリと断ることも良いですが、それでは職場の男性の場合はわだかまりを残すことになるかも知れません。


さて、やんわり断ることは理解できると思いますが、どのような断り方がベストでしょうか?


断り方は、告白してきた男性のタイプによって変える方が良いと言えます。


男性のタイプによっては、ずっと引きずってしまうこともあります。


それでは、シッカリと断ったつもりでも、相手はあなたのことを想ったままということにもなり兼ねません。


そこで、男性のタイプ別にやんわり断る方法を解説していきましょう。


また、ここでは特に職場の男性に告白された場合の話をしますが、相手が職場の男性でなくても、基本的には同じです。


そのことを分かっておいてくださいね!



【さりげなく断るコツは、感謝と謝罪の気持ちを持つことから】


男性のタイプによらず、大切なことがあります。


それは告白してくれたことに対して、あなたは「感謝の気持ち」「謝罪の気持ち」を持つことです。


もちろん、相手の告白を受け入れる時は「謝罪の気持ち」は必要ありません。


ですが、男性の告白を受け入れられない場合の話ですから、相手に対して謝罪の気持ちを持って接する必要があります。


それを最初に理解しておきましょう。


こうすることで、告白してきた男性がストーカーになるなど、トラブルになることを回避しやすくなります。


ですから、決して高飛車な態度などを取らないようにしてください。



【少し良いと思っている男性の場合】


人は自分の周囲にいる人間の中からパートナーを選ぶ傾向にあります。


最近ではネットのおかげで、見ず知らずの人や遠くの人とも知り合えます。


それでも、友達の紹介や合コンで会った人など、自分の行動範囲内にいる人が恋人になるケースが多いと言えます。


そのため、職場の男性の中に気になっている男性がいても不思議ではありません。


しかし、気になっていても付き合えるとは限りませんよね。


様々な事情で付き合えない時は、やんわり断るしかありません。


そういう時は、感謝と歓喜を同時に伝えておきましょう。


ですが、期待を持たせるような表現はNGです。


付き合えるようにならなかった時には、男性が逆上する原因の一つになってしまうからです。


表現としては、まず「あなたの告白は嬉しいけれど、今は無理なの。ゴメンね。」くらいが良いでしょう。


また、付き合えない理由を告げることも忘れずに。


例えば「仕事で余裕がなくて……不器用だから、今は誰とも付き合えないの。」くらいに曖昧な感じで答えておけば良いと思います。


最後に「でも、これからも仲良くしてくれますか?」と、頼むように言っておけば、男性も悪い気はしないで済みます。



【職場の一般的な男性の場合】


特に恋愛対象ではない男性が職場にいて、その男性が告白してくることもありますよね。


自分は何とも思っていなくても、相手は好意を持っているという場合です。


この場合は、かなり厄介です。


職場が同じであれば、頻繁に顔を合わすことになります。


やんわり断るとしても、その後は気まずい状態になるかも知れません。


ですが、ここで期待を持たせるようなことを言ってはいけません。


それでは逆効果です。


自分も付き合える可能性があると思って、ずっと付きまとってくるかも知れません。


そこで、この場合はキッパリと断ることが良いでしょう。


ただし、やんわりとした表現を選んでください。


使ってはいけない表現は「恋愛対象じゃない」とか「(生理的に)ムリ」などです。


きっぱりと断るにしても、これでは相手のショックも大きくなります。


その結果、ストーカーなどになってしまう恐れもあるのです。


適切な表現としては「今はお付き合いしている男性がいるので……」と、申し訳なさそうに答えましょう。


すると、男性の方が、自分の魅力が足りない訳ではないのかと勝手に良い方へ解釈してくれます。


多くを語らなければ、人間は自分のショックを和らげる方へ解釈してしまうようになっています。


また、付き合っている男性がいない時でも、恋人がいると言うのは効果的です。


ばれなければ、問題ありません。


ウソを吐くのが嫌な場合、ばれる恐れがある場合などは、「あなたの想いは嬉しいのですが、仕事で結果を残したいので集中したいの……ゴメンナサイ。」というような表現が良いでしょう。


恋愛の余裕がないことを真剣に語れば、きっと伝わるはずです。


【スポンサードリンク】




【親しい男性の場合】


一緒に仕事をしていれば、中には親しくなる男性もいます。


ですが、相手も親しい同僚と思っているとは限りません。


もしかすると、男性の方は恋愛対象として見ているかも知れません。


そういう男性に告白された場合はどうすれば良いのでしょうか?


やんわり断ると決めた時には、その男性の性格も考えた上で、どのように断るかを決めましょう。


前向きなタイプか、過剰に期待するタイプか、落ち込みやすいタイプかなどを考えて断る方が良いでしょう。


例えば、前向きな相手であれば、「冗談ばっかり!」と冗談として受け流す方法が良いです。


性格が前向きなので、この程度でへこたれることはありません。


ただし、再び真剣に告白することが予想できるので、誠実に断る方法も考えておきましょう。


つまり、これは時間稼ぎと言えます。


過剰に期待するような相手には「今は恋人を作るつもりはないの、ゴメンね。」と明確な答えを示しましょう。


期待を持たせなければ、良いでしょう。


また、表現をやんわりとした物にしておけば、わだかまりもなく過ごせると思います。


落ち込みやすい相手の場合は「恋愛対象として見てなかったから、少し時間をくれない?」と言っておきましょう。


時間稼ぎになってしまいますが、考えた上で結論を出すという態度を見せないと、この手のタイプはバッサリと断られたと思って落ち込んでしまいます。


いずれの場合でも、職場の親しい男性に告白された場合は、やんわりと断った後でも、今まで通りに接するようにしましょう。


自分にわだかまりがないということを示さなければ、相手の方が気まずいと思ってしまいます。


できれば、自分の方からいつも通りに声をかけてあげる方が良いでしょう。



【職場でも困る男性の場合】


例えば、既婚者や恋人がいるのに、平気で告白してくる男性もいます。


その場合は、やんわり断ることを考えるべきではないでしょう。


できれば、周囲の同僚などにも自分が迷惑している様子を理解してもらえるように断りましょう。


少し極端な方法ですが、同僚の前で断る方法などが良いでしょう。


もし、適当に断っていたり、トラブルを避けたくて曖昧な態度を取っていたりすると、それが自分に跳ね返ってくる恐れがあります。


相手の恋人から自分が恨まれて、そこでトラブルになったケースも多々あります。


ですから、できるだけ同僚などにも理解してもらえるようにしておく方が良いのです。



【まとめ】


男性はプライドの塊のような存在です。


ですから、プライドを傷つけられるような断り方をされると、それを根に持ってしまいます。


そこで、男性の告白をやんわり断るのであれば、人前で断ることだけはやめた方が良いでしょう。


誠実な男性であれば、自分も誠意を持って断ってください。


そうすれば、職場で顔を合わせた時もわだかまりなく過ごせます。


また、誠実な男性である程、女性がやんわり断ることに理解を示してくれるものです。


できれば、やんわり断る方法をいつも用意しておく方が良いでしょう。


備えあれば患いなしという言葉もありますからね!

【スポンサードリンク】