年末が近づいてまいりましたね。

今年も買います、年末ジャンボ!宝くじの中でも、やっぱりジャンボは魅力的です。

そのジャンボ宝くじの中でも年末ジャンボは、やっぱり期待度NO1です!

実際、私も何年か前に年末ジャンボ当選の夢を夢の中で2度見て、夢の中で、“なんだ~、夢か~”と夢の中で目覚めるということを2度繰り返し、3度目に本当に目が覚めた時、“ヤバい!3度目の正直だー、絶対あたってるー!”とドキドキしたことがあります。

結果はいつもと変わらず、末等のみの当選でした…もしも、本当に年末ジャンボが当たったら、何に使いますか?

今回は、当選金のおすすめの使い道についてお話します。


【スポンサードリンク】



アンケートによる結果


アンケートの結果によると、1位はやっぱり貯蓄だそうです。

IMG_4393 [565644]

やはり、将来が不安なのでとりあえず貯蓄を!とか、年金が当てにならないので、老後に備えて貯蓄!との答えが1番多いようです。

2位はマイホーム購入、好きな所に好きなデザインでマイホームを建てたい!とか、今1軒あるけど、もう1軒欲しい!とかの意見があるようです。

IMG_4394 [565645]

あとは、豪華海外旅行、豪華客船で世界一周とか、マイカーなんて意見も多いようです。

IMG_4395 [565646]


2016年の年末ジャンボ


2016年の年末ジャンボは、11月24日~12月23日にて販売されます。

1等7億円、前後賞1億5千万円で、合わせて10億円になります。

また、年末ジャンボミニでも1等1億円です。

さらに、今年は年末ジャンボプチなるものも発売されます。こちらは、1等1千万円です。

まあ、何といっても目指すは10億円でしょう!


高額当選すると不幸になる?


よく耳にするうわさ話ですが、高額当選すると不幸になるという情報を、ネット上で散見します。

信憑性があるかは疑問ですが、親戚、知人が寄ってきて、人間関係が崩れてしまったとか、嫌がらせの電話が毎日のようにかかってきたとか、誰かに狙われている不安感に包まれたとか、怖くて引越したとか、いろいろな不幸情報が載っています。

事実か?否か?は別として、何となくそうなるのかも?と思えますよね。


【スポンサードリンク】



税金はかかるの?


宝くじに所得税、住民税などの税金はかかりません。

これは、宝くじを買った時点で40%もの税金を払っているためです。ただし、贈与税、相続税はかかりますので、ご注意ください。

これらの税金を回避するには、家族みんなで共有して宝くじを買えば、当選金も共有になるので、防ぐことができるようです。


年末ジャンボ当選金のおすすめの使い道


年末ジャンボを買う時から始まりますが、これは家族共有で購入しておきましょう。

そうしておいて、当選したら10億円のうち、3億円位は貯金して、5億円分はマンション一棟買いでもして、家賃収入を得ると良いでしょう。

IMG_4396 [565647]

もちろん、マンションは共有にするか、もしくは、家族で会社を興して会社に資金を貸して、会社名義にし、みんなで給与報酬を受け取るようにしましょう。

あと2億円ですが、1億円はマイホーム購入に、もう1億円は豪華海外旅行や豪華客船で世界一周旅行など、絶対に宝くじでも当たらなければ経験できないような経験をして、年末ジャンボ宝くじが当たったことを実感できることをすると良い思い出になります。

あとは、ごく普通に生きましょう。お金を貯めるのは大変ですが、使うのは簡単です。

ずっといい生活をしていると、感覚がずれてしまって、知らないうちに底をついていたなんてこともあるようです。

IMG_4390 [565654]

現に、すごく稼いでいた芸能人が、巨額の借金を抱えてしまっていた…なんて話も聞きます。


まとめ


年末ジャンボが当たったていで、当選金の使い道についてお話ししてきましたが、まだ買ってもいないんですよね。

まずは、宝くじを買うお金をどうにかしないと…

さあ、今年は何枚買えるだけのお金の余裕があるんだろう…これが現実ですね。

今回の話を実行するために、年末ジャンボが当たりますように!

【スポンサードリンク】